トップニュース

豊島選手 清水市長に意気込み述べる 前回超える6位以上を目標

2016年08月26日(金)更新
リオデジャネイロ・パラリンピックの車椅子バスケットボール男子日本代表の豊島英選手が22日、市役所を訪れ清水市長に世界舞台で戦う意気込みを語った。 清水市長は「4年後の東京五輪・パラリンピックにいわきからも選手が出てくれることを期待している。その先陣を切って、いい結果を残してきてもらいたい」と激励し、地元いわきのサンシャイン梨(なし)を贈呈した。 前回のロンドンに続いて2度目のパラリンピック挑戦となる豊島選手は、「4年前のロンドン・パラリンピックでは9位に終わってしまった。今回はチーム目標の6位以上を目指したい」と力強く抱負を語った。 豊島選手は24日から千葉県での合宿に参加、30日に現地へ向かう。リオ・パラリンピックの開幕は9月7日(現地時間)。同日に開会式が実施され、バスケットボール競技は翌8日から、バーハ地区のリオ・オリンピック・アリーナで予選リーグを行う。

いわき市内ニュース

読みもの

片隅抄片隅抄バックナンバー

映画「男はつらいよ」の主役を務めた渥美清さん。今月4日が没後20年にあたるため特集本、出演作品が紹介されている。虚実入り交じった役者ともいわれ、いまだに謎を秘めている▼寅さんのイメージが強すぎるが、大作曲家の半生を演じたNHKドラマ「幾山河は越えたれど 昭和のこころ 古賀政男」が印象に残る。古賀さん死去の翌昭和54年に放送され、ラストでの「誰か故郷を想わざる」の合唱シーンに涙腺がゆるんだ▼昨日、3年ぶりに明治大学マンドリン倶楽部いわき演奏会があった。主に東西のクラシック、ポピュラーが多く、創設者の古賀メロディーは2曲。ドラマタイトル「誰か故郷…」はなかった。本市出身歌手霧島昇さんの代表曲だけにややさびしい気もした▼それでも94年の伝統を誇るだけに、学生ながら技量は十分。さて同じ若者でありながら、ある2世タレントの不祥事には閉口する。「ひとり酒場で…」と静かに飲み、眠ればいいものを。

ブログパーツ
丸市屋の特選品はこちら試読紙申し込み
いわき民報モバイルサイト