トップニュース

真福寺(江名)に「風鈴の回廊」

2022年08月13日(土)更新
真福寺で行われている風鈴の回廊
読者のページ投稿募集中
詳しくは<こちら>。





 江名地区の振興・発展を目指す「江名シングルアッププロジェクト」(戸田寛幸代表)は12日、江名字天ケ作の真福寺で、約900個の風鈴を並べた「風鈴の回廊」を始めた。色とりどりの風鈴とともに、風受けの部分にタコやカニといった海の生き物が入ったものもあり、港町は涼やかな雰囲気に包まれている。

 

上の記事の詳細や続きは、紙媒体・電子新聞SHIMBUN ONLiNEタップorクリック2022年08月13日号に掲載。
新聞に掲載した写真やクリアホルダーが欲しい方は<こちら>。

過去記事アーカイブ(2021年2月14日まで。その他号外)

お知らせ

みなみ支社休止いたします。詳しくはこちら

毎月22日は諸橋 沙夏(いわき出身)さんの「#さなつんたいむ」掲載日

■本社移転のご案内■ この度、弊社は2021年6月21日(月)より、下記住所に移転を行いました。 今後とも一層のご支援を賜りますようお願い申し上げます。

■移転先住所■ 福島県いわき市平字小太郎町2-7 いわきビル 略図 詳細な地図(グーグルマップ)

ホームページが更新されていない場合、更新ボタン(パソコンはキーボードのF5ボタン)を押してください。
市民の誰もが気軽に参加し、楽しく踊れる〝いわき民謡民舞〟として昭和56年に誕生した「いわきおどり」。コロナ禍で一昨年から中止を余儀なくされていた第41回大会が8日、JRいわき駅前大通りで3年ぶりに開催された。今年は4部構成を3部構成にするなど規模を縮小したが、40チーム約1500人が参加。法被姿などの踊り手たちはお囃子(はやし)の〝ドンワッセ〟の掛け声に合わせて右に左にと踊り流し、夏の夜の平市街地を活気づけた。

いわき市内ニュース

読みもの

片隅抄片隅抄バックナンバー

お盆である。〝盆と正月〟というが、夏と冬のこの時期、親せき筋が田舎の本家に里帰りして互いに久しぶりに顔を合わせ、気の置けない者同士、近況を報告しあったものだ▼子どもの頃はにぎやかなお盆だった。埼玉から神奈川から千葉から家族総出で集まって、寝るときのわが家はまるで修学旅行のようだった。食卓にはまだ元気だった母が畑から採ってきた野菜で作った総菜や味噌汁が並んだ。〝田舎の味〟である▼子どもたちは家の前の川で夢中になって魚取りをし、ハワイアンズを心待ちにし、タイミングが合えば町の盆踊りに参加した。自分自身も母の実家に一泊で遊びに行ってもう1組の祖父母に甘えたものだ▼昔は豊かなお盆だったような気がする。祖父母や叔父・叔母が1人また1人と亡くなり、いとこたちの足もだんだん遠のくと、わが家のお盆も静かになった。ほかの家ではどうなんだろう。親戚づきあいが遠のいたことを知らされる夏の1日である。

ブログパーツ
丸市屋の特選品はこちら
いわき民報モバイルサイト