トップニュース

いわきFC支援の契約締結 磐栄HD トップパートナーに

2021年04月30日(金)更新
ロゴ入りユニホームを手にする大倉社長㊧、村田代表取締役
読者のページ募集中 詳しくは<こちら>。




いわきスポーツクラブ(大倉智代表取締役)が運営する、いわきFCと泉町の磐栄ホールディングス(=HD、村田裕之代表取締役)のトップパートナー契約締結式が28日、常磐上湯長谷町のいわきFCパークで行われた。 トップパートナーは8社限定とされ、いわきFCを支援する市内外の企業約260社のうち、磐栄HD含む5社が契約を結び、公式戦ユニホーム、トレーニングウエアにロゴマークを付けるなど、資金的な支援を行っている。今回、契約した磐栄HDは運送業を主体に昭和36年創業。倉庫、再生可能エネルギー、通関、酒造、農業などのほか、観光遊覧船事業にも範囲を広げている。

 

続きは2021年05月01日号に掲載↓

詳しい紙面は、新聞オンライン(SHIMBUN ONLiNE)まで。

新聞に掲載した写真やクリアホルダーが欲しい方は<こちら>。
いわき民報社で社員募集中詳しくは≪こちらをクリック≫。 いわき市 求人募集

過去記事アーカイブ(2021年2月14日まで)。

 

いわき市内ニュース

読みもの

片隅抄片隅抄バックナンバー

道の駅安達の国道4号上り線にある「二本松市和紙伝承館」では紙漉き体験ができる。旧安達町は千年以上の歴史を誇る上川崎和紙の産地で、紫式部や清少納言も愛用したという。多くの人が行き交う道の駅にあることが強みだ▼竜神峡に近い茨城県北部の常陸大宮市では旧山方町が西ノ内和紙の産地。水戸藩の『大日本史』はこの和紙が使われ、藩主光圀公も保護・奨励したという。国道118号沿いに資料館「紙のさと」がある▼地域おこし協力隊として県外から遠野町に移住し、市の人間国宝ともいうべき瀬谷安雄翁死後、消滅の危機にあった遠野和紙を継承、普及した平山祐・綾子夫妻が、工房「遠野紙子屋」を入遠野にオープンさせた。和紙ファンとして喜ばしい▼ここを拠点に今後、どう遠野和紙をPRするかだが、まず第一に市長の名刺を遠野和紙製にすること。ら・ら・ミュウにサテライト店を設けたい。和紙漉きの小型キットを作ってみるのも面白いかも。

ブログパーツ
丸市屋の特選品はこちら
いわき民報モバイルサイト