トップニュース

小川郷駅に恒例の門松 浸水からの復旧見守る存在に/台風19号・大雨関連情報

2019年12月08日(日)更新

最終更新:12月8日午後7時13分


JR磐越東線の小川郷駅に8日、恒例の門松がお目見えした。地域住民有志でつくる「小川郷(おがわさと)の会」が、無人駅の小川郷駅を明るくしようと継続している取り組みで、本年度もイルミネーションとともに、利用客を楽しませるために企画した。


小川郷駅周辺は台風19号の影響で、夏井川が決壊し、広い範囲が浸水した。会員にも自宅が水につかる被害が出たが、地元を元気づけようと率先して参加している。


門松の高さは、3・3・7拍子にちなんで、3・37メートルと決めているが、まさに復旧を後押しする応援の思いにもつながる。


会の前身は、平成元年に小川郷駅が無人駅となった後、駅舎の維持を目的とし、5年に立ちあがった。13年から現在の組織となった。


会長の草野充宏さん(62)は「地元のために、できることを行っている。無人駅でもしっかり管理が行き届くようにしているほか、青少年の育成や環境保全に努めている」と語る。


駅近くの住宅も少しずつ片付けが進んでおり、水没した市小川支所も9日から、小川公民館と分散し、本格的な業務を始める。小川町の玄関口として、門松とイルミネーションが、地域の復旧を見守っていく。設置は来年1月12日まで。


写真は、小川郷駅に設置された門松。地域住民が作業に当たっている=8日午後


■台風19号・大雨関連情報


1.被災者支援や罹災(りさい)証明など


2.水害ごみの取り扱いについて


3.買い物バスと物品貸し出しに関して


4.ボランティア、義援金とふるさと納税による支援


5.生活再建に当たっての各種情報


6.被災事業者に対する市独自の制度等


7.被災者やボランティア向けの無料入浴


8.浸水区域図(市資料より、PDF)


台風19号 夏井川水系(7・4MB) 鮫川水系(9・3MB)


10月25日の大雨(9・6MB)

いわき市内ニュース

読みもの

片隅抄片隅抄バックナンバー

各地の城下町には江戸時代、そこにどんな人が住んでいたのか彷彿とさせる住所が残っている▼磐城平藩の城下町だったJRいわき駅周辺の平中心市街地にも、鷹匠町、仲間町、紺屋町、研町、鍛冶町、材木町といった職業の町名がある。そこには殿様の鷹狩りで使う鷹を調教する鷹匠や〝紺屋の白袴〟のことわざもある染物師、お侍さんの雑用を賄う仲間(中間)や材木商人がいた▼平字鍛冶町の水天宮が祭られている一角に「刀匠 根本和泉守藤原国虎 鍛錬祈願之碑」と刻まれた石碑が立っている。国虎は高名な刀匠――刀鍛冶で、万治元(1658)年に平で生まれ、著名な大阪の刀鍛冶井上真改のもとで修業したともいわれ、磐城平藩では内藤家お抱えの刀工として活躍した▼その国虎の刀を、あすまで県立博物館で開催中のテーマ展「武の美」会場で初めて見た。いわきではなぜか公立の施設で刀剣展を開かない。市重文の刀も実際に見られない。どうしてだろう。

ブログパーツ
丸市屋の特選品はこちら
いわき民報モバイルサイト