トップニュース

新人フラガール6人デビュー 堂々としたステージ披露

2021年08月04日(水)更新
初舞台で華麗な踊りを披露する新人フラガールの三井、片寄、橋本さん(左から)
読者のページ募集中 詳しくは<こちら>。

 

スパリゾートハワイアンズダンシングチームのデビュー公演が3日夜に行われ、常磐音楽舞踊学院57期生として今年4月から練習に打ち込んできた新人フラガールたち6人がプロとしての第一歩を踏み出した。このうち本市出身の片寄綾乃(19)、三井祐希さん(同)=好間高卒=と本市ゆかりの橋本碧海さん(同)=小野町出身、平商業高卒=も初舞台を踏み、華やかな衣装で堂々とした踊りを披露。市民に元気と笑顔を届け、ハワイアンズを代表するダンサーに成長するため、より一層の頑張りを誓った。

 

詳細や続きは2021年08月04日号に掲載↓
詳しい紙面は、新聞オンライン(SHIMBUN ONLiNE)まで。
新聞に掲載した写真やクリアホルダーが欲しい方は<こちら>。
過去記事アーカイブ(2021年2月14日まで)。

【本社移転のお知らせ】
この度、弊社は2021年6月21日(月)より、下記住所に移転を行うこととなりました。
今後とも一層のご支援を賜りますようお願い申し上げます。
■移転先住所■
福島県いわき市平字小太郎町2-7 いわきビル(地図検索は「いわきビル」で)
※電話番号、ファックスの変更はございません。
略図
詳細な地図(グーグルマップ)は右側

いわき市内ニュース

読みもの

片隅抄片隅抄バックナンバー

ほとんどの競技が無観客で始まった東京五輪。日本選手のメダルラッシュに国内は興奮の渦▼パラリンピックも始まっていない中で、五輪を総括するのはまだ早いが、あえて言わせてもらえば今回の五輪は何だったのか。当時、安倍首相は東日本大震災からの復興五輪を旗印に誘致に成功した。しかし、現実は原発の汚染水一つを取っても、先が見通せず、今も福島県民を苦しめている▼新型コロナウイルス感染が拡大すると、一転今度は人類がコロナに打ち勝った証の五輪だ、と言う。これもまったくそうならず、それどころか東京は五輪後の感染者が、5千人を超えるとの専門家もいる。感染対策の切り札とされるワクチンは、供給不足から全国で接種は遅れ気味▼コロナ禍で経済は落ち込み、そこに膨れ上がった五輪開催費用が加わる。結局、増税という形で国民が肩代わりするのは火を見るより明らか。何のための五輪なのか。開催を強行した人たちに問いたい。

ブログパーツ
丸市屋の特選品はこちら
いわき民報モバイルサイト