トップニュース

新型コロナ退散! いわき絵のぼり「鍾馗様」がエブリアに展示中

2020年08月09日(日)更新

過去のトップニュースなどは<こちら>。


読者のページ募集中 詳しくは<こちら>。


最終更新:8月9日午後4時40分


鹿島町米田の鹿島ショッピングセンター「エブリア」は31日まで、1階・エブリアひろばの吹き抜けに、いわき絵のぼりの「鍾馗(しょうき)様」タペストリーを掲げている。エブリアでは例年、端午の節句の時期に、鯉のぼりとともに絵のぼりを掲げているが、今回は新型コロナウイルス払いとして、疫病や病魔を払う鬼神「鍾馗様」のタペストリーを展示した。


写真は、掲げている「鍾馗様」タペストリー(クリックで拡大)


詳しい紙面は、新聞オンライン(SHIMBUN ONLiNE)まで。<クリック!


新聞に掲載した写真やクリアホルダーが欲しい方は<こちら>。

いわき市内ニュース

読みもの

片隅抄片隅抄バックナンバー

今は便利な世の中になって、スマホのアプリを使えばこのあとの天気が手に取るように、24時間、高い確率でわかる▼きょうの昼過ぎ、アプリのレーダーを見たら、日本海側に沿って雨雲の一団が日本に接近しているのがわかる。雲に覆われた平の空はまだ明るいが、この雨雲が北東ではなく東進すれば今夜から明日の天気が心配になってくる、と素人ながら考える▼気象予報士が交代で24時間、これからの天気を解説してくれる動画アプリもあるし、いったん大雨になれば市内の河川がどんな状態か逐一わかるような防災アプリを見ることもできる。テレビやラジオからも、市役所からも災害の危険性を知らせる情報が流れてくる▼先日は日本の北のはずれ、今まで大雨災害など聞いたことがなかった北海道の利尻島でも50年に1度という大雨が降った。今年もいわき市が死者の出るような大雨災害に見舞われない保証はない。情報をうまく利用して被害の軽減につなげたい。

ブログパーツ
丸市屋の特選品はこちら
いわき民報モバイルサイト