トップニュース

<新型コロナ>日産いわき工場 市に医療ガウン2千枚寄贈

2020年05月28日(木)更新

過去のトップニュースなどは<こちら>。


読者のページ募集中 詳しくは<こちら>。


最終更新:5月28日午後3時9


新型コロナウイルスの感染防止のため、最前線で戦う医療従事者に役立ててもらおうと、泉町下川の日産自動車いわき工場(前岡輝繁工場長)は27日、市に自作した医療用ガウン2千着を寄贈した。


贈呈式は市役所で行われ、前岡工場長、楠本尚製造課長らが出席。前岡工場長が清水市長に5着1セットの医療用ガウンを手渡した。清水市長は「医療従事者のため、有効に活用したい」と謝辞を述べた。


同社では、感染症拡大の影響で工場の稼働率が抑えられており、先立って市に500個寄贈した医療従事者の飛まつ感染を防ぐ「フェイスシールド」と同時進行で、医療用ガウンの製作に着手。神奈川県横須賀市の追浜にある同社生産技術開発部署が中心となり、いわき工場を含む8事業所で生産している。


写真は、清水市長に自社で製作した医療用ガウンを手渡す前岡工場長、楠本課長(左から)=27日(クリックで拡大)


詳しい紙面は、新聞オンライン(SHIMBUN ONLiNE)まで。<クリック!


新聞に掲載した写真やクリアホルダーが欲しい方は<こちら>。

いわき市内ニュース

  • 28日の紙面から「いわき市 動画サイトで防災講座 担当職員が解説に」など
  • 【アーカイブ】過去の主な記事
  • 小川町上小川の(仮称)十文字トンネルが貫通 国道399号の利便性向上に
  • 6月1日から「まいにちアロハ」スタート 着用で特典付与の事業者募集中
  • <新型コロナ>持続化給付金の申請サポート いわき産業創造館に 事前予約制
  • <新型コロナ>日本製紙勿来工場 教育現場などにマスク3500枚 消毒液も
  • <新型コロナ>県社労士会 30日から雇用調整助成金の相談会 完全予約制
  • 自分のスナックなどに火つけた女の初公判 起訴内容を否認 地裁いわき支部
  • 白バイ警官 違反追跡中に単独事故 小名浜の県道で

読みもの

片隅抄片隅抄バックナンバー

もう20年近く前のことだろうか、小社が加盟する地域紙協議会の例会で、当時新築したばかりの大手通信機器メーカーを訪問したことがあった▼時代に即した斬新なデザインに圧倒されたのはもちろんだったが、最大の驚きは他にあった。会社にあるはずの個人のデスクがなかった。大小の会議室に、飲食もできるサロン的な空間がいくつかあるだけだった。さすがに当時は無線LANではなかったが、至るところにインターネットに繋がる端子が装備され、どこにいてもパソコンを通して仕事ができる環境ということだった▼新型コロナの蔓延で、リモートワークが脚光を浴びている。そこには、ネット環境の進歩により、社内にいなくても仕事ができる環境が整備されている現実がある。現に事務所の縮小化が進んでいるという▼何事も合理化は必要だが、コミュニケーションを軽視してはいけない。リモートで会議までやってしまうのは、仕方ないが今だけにしてほしい。

ブログパーツ
丸市屋の特選品はこちら
いわき民報モバイルサイト