トップニュース

<新型コロナ>内堀知事「東京方面の自粛継続を」 4月12日までは避けるように

2020年03月30日(月)更新

最終更新:3月30日午後3時16分


内堀知事は30日、県民に対し、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、福島県から東京都やその周辺に向けての移動自粛について、4月12日まで継続するよう要請した。内堀知事は27日、週末に当たって移動自粛を求めていたが、これを延長した格好だ。


30日に福島市の県庁で行った定例の記者会見で、内堀知事は「東京都の感染拡大防止対策に協力するため、引き続き東京方面への不要不急の往来は極力控えていただきたい」と述べた。


東京都では29日、一日当たりの新規感染者数が68人と最多を更新している。感染経路が分かっていない陽性者は25日以降、連日10人を上回るペースとなっており、29日も68人のうち、26人は現時点で感染経路が特定できていないという。


こうした点を踏まえ、都は30日以降も平日は可能な限り在宅勤務とするとともに、夜間の外出は自粛するよう呼びかけている。また大規模イベントに関しても、4月12日まで延期や中止の期限としている。


県立学校の再開については、4月1日で変わらないとした。ただ内堀知事は「国内外の事態は日々変わっている」と指摘し、政府の状況を見ながら臨機応変に対応していく考えを示した。


県内での感染拡大を防ぐため、内堀知事は「県民の皆さんには『3つの密』、密閉・密集・密接を避けるとともに、手洗いと咳(せき)エチケットを徹底してほしい」とも強調した。(感染者の表は読売新聞社配信)

いわき市内ニュース

読みもの

片隅抄片隅抄バックナンバー

季節外れの雪に見舞われたきのう、新型コロナウイルスに感染、入院闘病中だったコメディアン志村けんさんが亡くなった。訃報はきょう午前に伝わり、なんとも重苦しい雰囲気に包まれている▼志村さんといえば、昭和40〜50年代の高視聴率番組「8時だョ!全員集合」を忘れることはできない。時の人気グループ、ザ・ドリフターズが演じるドタバタコントは当時の小学生らを夢中にさせたものだ▼縦横無尽を思わせたステージも、実は綿密な台本が練られ、アドリブは一切厳禁だったと聞く。その後、志村さん個人の冠番組を見ることはなくなったが、活躍はまさに亡くなる直前まで続いていた▼日ごとに深刻さを増す新型ウイルス禍。東京都などは、不要不急の外出自粛を出しているが徹底には遠い。テレビを見る限り、自分たちは大丈夫と楽観する20代の若者たち。誰でも知る著名人の死は、世情を甘く見る世代への警鐘だろう。我慢をすることも大切だ。

ブログパーツ
丸市屋の特選品はこちら
いわき民報モバイルサイト