トップニュース

2018年09月21日(金)更新
JR常磐線の草野駅(平字泉崎)は9月30日午後7時をもって、切符売り場を閉鎖し、翌10月1日から改札業務のみとなる。 改札業務のみになった後は券売機で乗車券を買うか、乗車駅証明書発行機を利用すればよい。特急券や定期券の購入に際しては、いわき駅のみどりの窓口または指定席券売機となる。  JR東日本水戸支社では、駅構内の案内を通じ、乗客の利便性維持に努めるとしている。  草野駅は明治30年8月、現在の常磐線のうち、平(現・いわき)―久ノ浜駅間が開業した際に設けられた。JR東日本によると、草野駅の昨年度の乗車人員は1日当たり407人(定期外105人・定期301人)。 ※本紙では無人駅とありますが、正しくは改札業務は継続します。記事に一部変更があります。

いわき市内ニュース

  • 秋季高校野球県大会あすから後半戦 東日大昌平、聖光に挑む
  • 市政功労者表彰に65人・3団体
  • ら・ら・ミュウYOSAKOI舞祭 県内外18チームが踊り披露
  • 来月から〝後期地域防災計画学〟開講 いわき短期大全8回実施
  • ビア博いわき、きょう中止 日程は22~24日に変更
  • 第72回県下小・中学校音楽祭合奏 代表決まる
  • 国道399号、江筋、白井遠平など考察 11月開講の「小川学」講座
  • 秋の全国交通安全運動始まる いわき3署、事故ゼロに活動展開
  • 東邦銀行小名浜支店 女性の高額現金守る

読みもの

片隅抄片隅抄バックナンバー

どこからともなく漂うキンモクセイの甘い香りに秋を感じる。猛暑も一転、しとしとと降り続く雨に気温も下がり、注意しないと風邪をひきこむ▼さて、こちらは熱く熾烈な戦いが展開されたようだ。きのう結果が出た自民党総裁選は、予想通り安倍首相が3選を果たした。半面、対抗馬石破茂元幹事長が地方党員票で善戦。一強打破もいいが、過去の総裁選では4選した人に佐藤栄作氏がいる▼昭和47年の退陣まで7年8カ月の長期政権を築くも、晩節は後継者づくりにつまずき、みるみる力を失っていった。もっとも4選を後押ししたのは、政界の寝業師川島正次郎氏▼党人派で官僚嫌いの彼は、佐藤後継を引き伸ばす策にこの手を使った。弱小派閥ながら党内ナンバー2に就き、キャスティングボードを握り続けた。翻って将来の首相候補と期待される国会議員。投票直前に石破支持を表明した。何とも自信過剰だが、この行動が今後どう影響するか見ものだ。

ブログパーツ
丸市屋の特選品はこちら
いわき民報モバイルサイト