トップニュース

泉、4年ぶり黒獅子旗奪還

2021年10月18日(月)更新
4年ぶり6度目の優勝を果たした泉
読者のページ募集中 詳しくは<こちら>。




泉が4年ぶりに黒獅子旗奪還―いわき民報社黒獅子旗争奪第56回市中学校新人軟式野球競技大会(市中体連、いわき民報社など主催)は最終日の16日、小名浜球場で準決勝2試合と決勝が行われた。決勝は泉が2―1で中央台北に競り勝ち、4年ぶり6回目の優勝を果たした。

 

詳細や続きは2021年10月18日号に掲載↓
詳しい紙面は、新聞オンライン(SHIMBUN ONLiNE)まで。
新聞に掲載した写真やクリアホルダーが欲しい方は<こちら>。
過去記事アーカイブ(2021年2月14日まで。その他号外)
求人募集、社員募集
【本社移転のお知らせ】
この度、弊社は2021年6月21日(月)より、下記住所に移転を行うこととなりました。 今後とも一層のご支援を賜りますようお願い申し上げます。
■移転先住所■
福島県いわき市平字小太郎町2-7 いわきビル
※電話番号、ファックスの変更はございません。
略図 詳細な地図(グーグルマップ)

いわき市内ニュース

読みもの

片隅抄片隅抄バックナンバー

「ハンカチ王子」の愛称で、一世風靡した斎藤佑樹投手がプロ球界を去った。早実時代、平成18年夏の甲子園決勝での駒大苫小牧との延長十五回引き分け再試合の末に優勝。早大進学後も東京六大学野球のスターだった▼眩いばかりの光を浴び続けていたアマチュア時代とは一変、プロではけがに泣かされた。思うような結果を残せず、33歳の若さでユニフォームを脱いだ。だが、引退会見で斎藤投手はこう答えた。「野球を通して素晴らしい方々に巡り合えた」▼弊社黒獅子旗争奪市中学校新人軟式野球競技大会は泉の優勝で幕を閉じた。来春定年を迎える古内崇前監督は監督の背番号「30」を後進に譲り、コーチとして、ベンチで試合を見守った▼4年ぶりの黒獅子旗奪還。優勝のスナップで、しばらくタイトルから遠ざかっていた選手たちが顔をこわばらせる中、自ら輪の中に入り、緊張をほぐした。信頼がチームを強くした。県舞台での活躍に期待がますます膨らむ。

ブログパーツ
丸市屋の特選品はこちら
いわき民報モバイルサイト