1. HOME
  2. ニュース
  3. 「いわきのへそ」は常磐水野谷町黄金沢 総務省が人口重心割り出す

「いわきのへそ」は常磐水野谷町黄金沢 総務省が人口重心割り出す

 市民一人一人の体重が同じであると仮定して、いわき市の全体で釣り合いが取れる「人口重心」の最新の場所が、常磐水野谷町黄金沢の山林であることが分かった。令和2(2020)年に実施された国勢調査に基づき、総務省統計局が割り出した。〝いわきのへそ〟は、21世の森公園正門前の市道交差点から、南南東約950mに位置する。
 市区町村別に、緯度・経度を公表し始めた平成22(2010)年と比較すると、10年で南東に約390m動いている。国勢調査は5年に1度行われており、平成22、27年の人口重心の住所は常磐水野谷町竜ケ沢だった。
 人口重心は、人口の減少率が大きい方から、小さい方へ移動するとされる。いわき市は人口の多い平、小名浜、勿来、常磐、内郷の各地区が、市全体の南東部分を占めており、中山間地の顕著な人口減少によって、今後も南東方向に引っ張られると考えられる。

関連ニュース

海産物加工品の製造販売 丸市屋

検索

カテゴリー