1. HOME
  2. ニュース
  3. 市内5中学校による特設合唱団 京都の演奏会に招待 歌声で復興伝える

市内5中学校による特設合唱団 京都の演奏会に招待 歌声で復興伝える

 東日本大震災からの復興支援として、被災地の合唱団体を招いた演奏会「ハーモニー・フォー・ジャパン2023」が4、5日、京都府長岡京市記念文化会館(京都府長岡京市)で開かれ、県合唱連盟いわき支部の中学校5校による特設合唱団が招待された。震災から12年が経過する中で、中学生の歌声を通じ、復興にまい進する姿を伝える。
 演奏会は、主催する一般社団法人ハーモニー・フォー・ジャパンが、被災地の合唱団体に本番の機会を与えようと企画し、平成24年から続いている。県合唱連盟いわき支部としては3度目の参加となり、今回は平一、小名浜一、湯本一、泉、植田の5中学校合唱部の30人で構成されている。
 生徒たちは、本番に向けての練習に取り組んでおり、これまで受けた支援に感謝の気持ちを伝えようと意気込んでいる。

関連ニュース

海産物加工品の製造販売 丸市屋

検索

カテゴリー