1. HOME
  2. ニュース
  3. 小名浜海星高 あす水産校舎で生徒による店舗「ひとでや」オープン

小名浜海星高 あす水産校舎で生徒による店舗「ひとでや」オープン

 小名浜海星高の水産クラブによる「チャレンジショップ『ひとでや』」が13、15日に開かれる。13日は午前9時半から同11時半まで、同校水産校舎正面玄関で行われる。15日は午後4時半から1時間半ほど、イオンモールいわき小名浜を会場とする。
 水産クラブでは昨年度から、製造から流通、販売、消費まで一連の流れを理解するため、模擬会社「海星屋(ひとでや)」を展開しており、その一環でチャレンジショップを実施している。
 本年度1回目となった4月29日には生徒6人が参加し、買い物客の応対に当たった。店頭では、サッカー日本代表帯同シェフを務めた西芳照さんと協力し、同クラブで開発したサバのレトルトカレーや、救命浮環をモチーフにした手作りキーホルダーなどが販売された。
 参加した桑野雅由さん(海洋科・3年)は「SNSなども活用しながら、より地元の人に知ってもらいたい。ぜひ多くの方に来ていただければ」と話している。

関連ニュース

海産物加工品の製造販売 丸市屋

検索

カテゴリー