1. HOME
  2. ニュース
  3. 秋の高校野球いわき支部大会 組み合わせ決定 福島高専は復帰果たす

秋の高校野球いわき支部大会 組み合わせ決定 福島高専は復帰果たす

 県高野連いわき支部の評議員会が17日、磐城高で開かれ、26日から平球場で始まる「第75回秋季東北地区高校野球県大会いわき支部大会」の組み合わせが決まった。
 出場するのは12校・11チームで、福島高専が1991(平成3年)夏の福島大会以来という久しぶりの大会復帰を果たした。平商業といわき総合は、今回も連合チームで出場する。
 来春の〝センバツ〟につながる県大会は、9月16日にいわきグリーンスタジアムをメーン球場に開幕するが、今大会は2年ぶりに夏の福島大会同様に全チームが出場できる。このため支部大会はシード権を決める意味合いが強く、敗者復活戦は実施しない。
 県内6支部それぞれの大会優勝校にシード権が与えられ、さらに各支部準優勝校の中から1チームが抽選で選ばれる。これに甲子園に出場した聖光学院を加えた8チームがシード校となる。

関連ニュース

海産物加工品の製造販売 丸市屋

検索

カテゴリー