1. HOME
  2. ニュース
  3. いわき民報社黒獅子旗懸けて 24日に中学新人野球の市大会開幕

いわき民報社黒獅子旗懸けて 24日に中学新人野球の市大会開幕

 いわき民報社黒獅子旗争奪「第58回市中学校新人体育大会軟式野球競技」(市中体連、いわき野球連盟、磐南同、いわき民報社主催)が24日、小名浜球場と平野球場で開幕する。
 大会は24、30日、10月1日の3日間、南部スタジアムをメインに、小名浜球場、平野球場、中央台北中グラウンドの4会場で開催。合同の5チームを含む27校・21チームが出場する。当日は北(いわき野球連盟傘下校)、南(磐南同)の2地区に分かれてのトーナメント戦を繰り広げ、勝ち上がった2チームが決勝で対戦する。
 新型コロナウイルス感染症の5類移行に伴い、応援を全面解禁する。開会式は小名浜球場で行い、前年度優勝の泉の折笠遥斗主将(2年)が優勝旗、準優勝の中央台北の八島玄琉主将(同)が準優勝盾を返還し、いわき民報社からレプリカが贈られるほか、江名の小林颯季主将(同)が選手宣誓に立つ。
 県大会は10月22、28、29日の3日間、会津地区で開催。準決勝に勝ち上がった4チームが出場する。

関連ニュース

海産物加工品の製造販売 丸市屋

検索

カテゴリー