1. HOME
  2. ニュース
  3. 小名浜港にサンマ初水揚げ 全体的に小ぶりも秋の味覚届く

小名浜港にサンマ初水揚げ 全体的に小ぶりも秋の味覚届く

 小名浜港に21日、サンマが今シーズン初めて水揚げされた。いよいよ地元にも秋の味覚が届き、早朝のハマは活気に満ちあふれていた。
 水揚げしたのは、中之作漁協所属の「第11権栄丸」(199トン)。岩手県宮古市の沖合約220kmで、19日から20日にかけて棒受け網漁を展開し、サンマ約13トンを取った。大きさは100g以下の小型が中心で、1kgあたり610~367円で取引された。
 漁労長の森田毅さん(54)は「全体的に小ぶりだが、小名浜で水揚げすることで、地元の方に食べてもらえてうれしい」と話し、引き続き小名浜港での水揚げに期待を寄せた。

関連ニュース

海産物加工品の製造販売 丸市屋

検索

カテゴリー