1. HOME
  2. ニュース
  3. 新常磐交通「地域連携ICカード」来春導入へ バスカードは来秋の終了予定

新常磐交通「地域連携ICカード」来春導入へ バスカードは来秋の終了予定

 新常磐交通(本社・明治団地、高野公秀代表取締役社長)とジェイアールバス関東(本社・東京都江東区、小塙隆一代表取締役社長)、JR東日本(本社・東京都渋谷区、深沢祐二代表取締役社長)の3社は6日、「地域連携ICカード」を利用したIC乗車サービスを浜通りと、県南地区に導入することを合意したと発表した。サービス開始については、来年春を見込んでいる。
 同カードはJR東日本が提供しており、地域の事業者が運行するバスの定期券・割引などの独自サービスと、乗車や電子マネーなどに使える同社のICカード「Suica(スイカ)」のサービスが、1枚で利用できる〝2in1カード〟となっている。
 今回は新たに、新常磐交通とジェイアールバス関東の一般路線バスに導入する方向で、県内外の利用者の利便性向上を図るとともに、乗降データを踏まえた適切な運行経路やダイヤの見直しを行い、将来にわたり持続可能な公共交通ネットワークの構築を目指す。地域連携ICカード導入に伴い、新常磐交通のバスカードは来年秋ごろに運用を終える予定。

関連ニュース

海産物加工品の製造販売 丸市屋

検索

カテゴリー