福島県いわき市のニュースやお悔やみ情報をお届けします

片隅抄

2018.11.12

娘が3歳のとき連れ合いを亡くしたので、お弁当づくりを含む食事や洗濯、しつけ、病気の看病などをしてきた▼小学校時代は「母親委員」として、よその学校のお母さんたちとの会合に出席したこともある。娘は20歳を超えたが、今度は老父母の介護もあって掃除・洗濯・食事は今も続いている。男だから台所に立たないとか、洗濯物を干すのは恥ずかしいとか、考えたこともない▼昨日、男女共同参画に関するイベントを取材した。その中でイクメン(育児男)、カジメン(家事男)に関するトークショーや写真・川柳の表彰式が行われた。ごみ袋を抱えて捨てに行く、登校時の立哨をする、買い物カゴを持つ、エプロンをする……ことが川柳のネタになっていた▼トークショーも笑いが絶えなかった。家庭内の男女共同参画とテーマはいかめしいが、「そんなの当たり前じゃん」と斜に構えてつぶやいた。入選作に「発想が違うのよ」という句もあったが、まさにその通り。

PR:いわき市北部地域を中心に、児童養護施設、老人保健施設、特別養護老人ホーム、ケアハウスをはじめ、診療所とデイケア、デイサービス、居宅介護支援、訪問介護、訪問リハビリと多種多様な福祉、医療事業を展開。

カテゴリー

月別アーカイブ

海産物加工品の製造販売 丸市屋

関連記事

PAGE TOP