福島県いわき市のニュースやお悔やみ情報をお届けします

片隅抄

2020.10.19

第73回秋季東北地区高校野球大会は3日目で県勢3校が姿を消した。第1代表の東日大昌平が準々決勝で敗退。8強で力尽き、来春のセンバツ出場はほぼ絶望となった。だが、この悔しさを糧に、ひと冬越えた来春以降の奮起を期待したい▼話は変わり、第100回全国高校ラグビーフットボール大会の県予選は1、2回戦を終了。2回戦から登場した磐城と勿来工業がともに勝利し、準決勝にこまを進めた。昭和40年代、磐城農業とともに、いわきの高校ラグビー界をけん引していた勿来工業だが、近年は部員不足に悩まされ、平成15年以来、17年ぶりの4強入り▼いわき勢は過去6年間、県中、県北勢に押され、平成25年の平工業を最後に、聖地の芝を踏んでいない。準決勝は磐城と勿来工業の同地区対決となる▼どちらが勝っても3年ぶりのいわき勢の決勝進出。第1シードの磐城に分があるが、勿来工業も勢いはある。ノーサイドの笛が鳴るまで、気は抜けない。

PR:自動貸越サービス機能つき
いわきFC応援口座

カテゴリー

月別アーカイブ

海産物加工品の製造販売 丸市屋

関連記事

PAGE TOP