福島県いわき市のニュースやお悔やみ情報をお届けします

片隅抄

2021.08.23

慶応4年(1868)のきょう23日、会津若松市の飯盛山で白虎隊が悲劇的な最期を遂げた。城下の町に火の手が上がった光景を目の当たりにした16、17歳の若き隊士たちが落城したと思い込み、自刃したと伝えられる▼白虎隊らを輩出した会津藩校の日新館。入学前の藩士の子弟たちは「什」と呼ばれる10人前後で集まりを作り、会津武士の心構えを身につけた。「什の掟」と呼ばれ、最後は『ならぬことはならぬことです』で締められる▼実際の藩校は戊辰戦争で焼失したが、昭和62年、「会津藩校日新館」として、完全復元された。開館後、当時白虎隊を主人公としたドラマなどが放送され、郷土史に興味を持ち、何度か足を運んだ▼今で言えば16、17歳は中学3年、もしくは高校1年の少年たちだ。学校の夏休みもあとわずか。羽目を外したいと思うが、コロナ禍で我慢の日は続く。『ならぬことはならぬことです』。命の重みを自覚し、感染終息の日を待ってほしい。

PR:いわき市北部地域を中心に、児童養護施設、老人保健施設、特別養護老人ホーム、ケアハウスをはじめ、診療所とデイケア、デイサービス、居宅介護支援、訪問介護、訪問リハビリと多種多様な福祉、医療事業を展開。

カテゴリー

月別アーカイブ

海産物加工品の製造販売 丸市屋

関連記事

PAGE TOP