福島県いわき市のニュースやお悔やみ情報をお届けします

片隅抄

2023.11.15

ピッ、ピッん? 始めは鳥でも鳴いているのかと思ったが、一定の間隔を置いて繰り返すので、気になってきた▼窓を開け外を見ても鳥の姿はない。聞こえてくるのは家の中。スズメでもまぎれ込んでいるのか、どうもそれとも違うらしい。耳を澄ますと客間のほうから聞こえる。音は天井からする。見上げるとそこには住宅用火災警報機が。ピッ、ピッの正体は電池切れを知らせる音だった▼思えば前に電池を取り換えたのはいつだったか。警報機の電池の寿命は10年が目安と言われる。また、10年経過すると警報機内部の電子部品が劣化して火災を検知しなくなる恐れがあるという。消防法の改正によって、設置率が向上したものの、いざというときに使えなければ意味がない。たまには点検をしてほしい▼朝晩めっきりと寒くなった。職場や家庭にストーブなどの火気が入る時期、取り扱いには注意が必要だ。秋の火災運動は今日が最終日。火の用心をお忘れなく。

PR:いわき市北部地域を中心に、児童養護施設、老人保健施設、特別養護老人ホーム、ケアハウスをはじめ、診療所とデイケア、デイサービス、居宅介護支援、訪問介護、訪問リハビリと多種多様な福祉、医療事業を展開。

カテゴリー

月別アーカイブ

海産物加工品の製造販売 丸市屋

関連記事

PAGE TOP