福島県いわき市のニュースやお悔やみ情報をお届けします

ニュース

首都圏の高校生有志 いわき市でのフィールドワーク評価で県知事賞に輝く

 公益財団法人五井平和財団(東京都千代田区)と、首都圏3校の中・高生が連携して活動する「GOALs~3校協働SDGsチャレンジ~」として、いわき市で進めてきたフィールドワークなどが、環境省主催の「いっしょに考える『福島、その先の環境へ。』チャレンジアワード2022」の県知事賞に輝いた。
 生徒たちはオーガニックコットンの収穫を通じて、東日本大震災・東京電力福島第一原発事故からの復興に向かう姿を発信しており、その姿勢が高く評価された。
 参加しているのは、晃華学園中・高(東京都調布市)、東京立正中・高(東京都杉並区)、麗澤中・高(千葉県柏市)で、SDGs(持続可能な開発目標)や、サステナビリティ(持続可能性)に関心を持つ生徒有志が集まった。
 本年度は活動テーマに「福島から考える持続可能な未来」を掲げ、5月から、有機農業による綿花の栽培を手がける「起点」(好間町中好間)の酒井悠太代表取締役の協力を得て、原発事故による風評払しょくや、耕作放棄地の再利用を狙いとし、オーガニックコットンに取り組む事業について学んできた。
 チャレンジアワード2022は、未来を担う若い世代と共に、福島の未来を考える機会の創出を目的に開催され、全国から計120作品が寄せられた。GOALsは高校生の部で、環境大臣賞に次ぐ栄誉が贈られた。表彰式が11月26日、双葉郡双葉町の東日本大震災・原子力災害伝承館で開かれた。

PR:いわき市北部地域を中心に、児童養護施設、老人保健施設、特別養護老人ホーム、ケアハウスをはじめ、診療所とデイケア、デイサービス、居宅介護支援、訪問介護、訪問リハビリと多種多様な福祉、医療事業を展開しております。

カテゴリー

月別アーカイブ

海産物加工品の製造販売 丸市屋

関連記事

PAGE TOP