福島県いわき市のニュースやお悔やみ情報をお届けします

ニュース

来年1月の出初式に向けて 内郷の第5支団 はしご乗りの練習始める

 地域の無火災・無災害を祈るため、来年1月7日に予定されている「市消防出初式」のはしご乗りに向け、市消防団第5支団第3分団(菊谷修一分団長)は5日、「はしご乗り初め」を行った。
 はしご乗りは享保3(1718)年が最初と言われ、その技と度胸を披露し、町を守る火消しの心意気と実力を示したのが由来とされる。「地域に住む人々の生命と財産を身を挺(てい)して守る」という、現在も変わらぬ精神とともに、同支団では大正時代から継承してきた。
 同日は本番までの約1カ月間にわたる練習の始まりで、内郷消防署の庁舎隣りで実施。団員、同署員など約30人が出席し、まず石田一実第5支団長が菊谷分団長を激励。石田支団長は「安全には十分に配慮ながら、市民に感動を与えられるような技が披露されることを願う」と伝えた。

PR:いわき市北部地域を中心に、児童養護施設、老人保健施設、特別養護老人ホーム、ケアハウスをはじめ、診療所とデイケア、デイサービス、居宅介護支援、訪問介護、訪問リハビリと多種多様な福祉、医療事業を展開しております。

カテゴリー

月別アーカイブ

海産物加工品の製造販売 丸市屋

関連記事

PAGE TOP