福島県いわき市のニュースやお悔やみ情報をお届けします

ニュース

豪雨被災の支援 いわき市にふるさと納税2700万円 内田市長が謝意示す

 台風13号に関連した記録的大雨に伴い、いわき市に対する支援として、全国からふるさと納税を通じて、13~20日の8日間で、約1500件・2700万円の寄付があった。内田市長が22日夕方、支援に対するメッセージで明らかにした。
 豪雨を受けて、ふるさと納税の項目に「令和5年台風13号の被災者の支援」が追加された。ふるさと納税に当たっては、「台風被害に負けるな!」「頑張ってください」などの温かい言葉も寄せられている。
 内田市長は、県内外から参加した災害ボランティアなどを含めて謝意を示しており、「災害からの復旧・復興に向けた取り組みはまだまだ続いていきます。皆さまからの御厚意を胸に、全力を挙げて取り組んでまいりますので、引き続き、いわきを応援してくださるようお願いいたします」と呼びかけている。
 市長メッセージの全文は<こちら>。

PR:いわき市北部地域を中心に、児童養護施設、老人保健施設、特別養護老人ホーム、ケアハウスをはじめ、診療所とデイケア、デイサービス、居宅介護支援、訪問介護、訪問リハビリと多種多様な福祉、医療事業を展開しております。

カテゴリー

月別アーカイブ

海産物加工品の製造販売 丸市屋

関連記事

PAGE TOP