福島県いわき市のニュースやお悔やみ情報をお届けします

ニュース

いわき市 住友大阪セメントと協定 四ツ倉駅西側の工場跡に交流・防災拠点

 市は15日、四倉地区の市街地再生に向けた取り組みの一環として、JR四ツ倉駅西側に工場跡地を持つセメント大手・住友大阪セメント(東京都港区)と、「四倉地区交流・防災拠点の実現に向けた連携と協力に関する協定」を締結した。
 四倉地区の市街地再生にあたって、市と地元団体が「四倉地区まちづくり検討会」を立ち上げ、2019(令和元)年8月から議論を重ね、21年5月に基本方針が策定された。
 同駅西側に関しては「教育・文化・福祉機能を有する交流・防災拠点の整備」と位置付けられている。このため津波浸水区域にあったり、老朽化している小学校、中学校、公民館について、機能を集約・複合化する計画が立てられている。
 住友大阪セメントの工場跡地には、東日本大震災・東京電力福島第一原発事故に伴い、応急仮設住宅が建てられたが、同社に土地が返還される見通しとなった。市街地再生を円滑に進めるため、市は同社と連携・協力協定を交わすことを決めた。今後は土地使用貸借の契約に向けた協議を予定する。
 基本方針では復興事業が完了し、住宅再建が進んだほか、道の駅よつくら港は多くの利用者が訪れている一方、同駅周辺や周辺商店街に、低未利用地や空き店舗が目立ち、空洞化が進行している上、同駅西側の広大な土地が利用されず、にぎわいや活力が低下していると指摘されている。

PR:いわき市北部地域を中心に、児童養護施設、老人保健施設、特別養護老人ホーム、ケアハウスをはじめ、診療所とデイケア、デイサービス、居宅介護支援、訪問介護、訪問リハビリと多種多様な福祉、医療事業を展開しております。

カテゴリー

月別アーカイブ

海産物加工品の製造販売 丸市屋

関連記事

PAGE TOP