福島県いわき市のニュースやお悔やみ情報をお届けします

ニュース

バンディッツいわきJr 3日開幕のJA全農杯全国選抜小学生サッカー初出場

 3日に日産スタジアム(神奈川県横浜市)で開幕の「JA全農チビリンピック2024 JA全農杯全国選抜小学生サッカー大会」に、東北代表として初出場する「バンディッツいわきジュニア」のは4月30日、市役所本庁舎を訪れて、内田市長に出場を報告した。
 選手たちは錦町の南部スタジアムや、勿来町のア・パーススタジアムで練習を重ねるほか、J2いわきFCのジュニアユース「いわきFC U-13(13歳以下)」などと練習試合を行ってきたという。
 大会は1試合を12分の「3ピリオド」に分け、より多くの選手の出場機会を設けるため、ピリオドごとにプレイヤーを総入れ替えする16人登録の8人制ルールで進められる。
 予選リーグはJ1名古屋グランパス(愛知)、J2徳島ヴォルティス(徳島)のジュニアユースと、新興チーム「FC ZERO」(大阪)が名を連ねるグループCに入った。
表敬には、主将の馬目羽琉(はる)君(11)=泉・6年=をはじめ選手20人が訪れ、内田市長に大会への抱負や将来の夢を伝えた。内田市長から「楽しく頑張るのが一番なので、監督、コーチ、両親への感謝の気持ちを忘れず頑張ってきてほしい」とエールを受けた。
 馬目君は「予選を突破し、決勝トーナメントに行けるよう頑張りたい」と意気込みを語った。馬目茂樹監督と飯高敦コーチが引率し、選手たちの保護者が同行した。
 (写真:内田市長を表敬訪問した選手たち)

PR:いわき市北部地域を中心に、児童養護施設、老人保健施設、特別養護老人ホーム、ケアハウスをはじめ、診療所とデイケア、デイサービス、居宅介護支援、訪問介護、訪問リハビリと多種多様な福祉、医療事業を展開。

カテゴリー

月別アーカイブ

海産物加工品の製造販売 丸市屋

関連記事

PAGE TOP