福島県いわき市のニュースやお悔やみ情報をお届けします

いわきFC

<速報>いわきFC ホームで山形に1-3もJ2残留確定 有馬が先制点

 サッカー・明治安田生命J2リーグの第41節として、19位のいわきFCは4日、ホームのハワイアンズスタジアムいわき(いわきグリーンフィールド)に、7位のモンテディオ山形(山形)を迎えたが、1-3で敗北を喫した。
 ホーム最終戦となる今節を勝利で飾れなかったが、21位の大宮アルディージャ(埼玉)が敗れたため、今季から参入したJ2の残留を確定させた。通算成績は11勝11分け19敗の勝ち点44。暫定順位は前節と同じで、22チーム中19位に付けている。
 試合には5044人の来場者が詰めかけ、ホームゲームの最多入場者数を更新した。いわきは後半11分、FW岩渕弘人(26)のフリーキックから、FW有馬幸太郎(23)が右足で合わせて先制点を挙げたが、すぐにコーナーキックから同点にされると、さらに2点を献上する展開に。追いつこうと最後まで攻めの姿勢を貫いたが、追加点は決められなかった。
 試合後、田村雄三監督(40)は「失点以上に決定力に課題があると感じた。得点に向けて、地道に取り組まなければならない」と語った。その上で「(チームが発足した)8年前には5千人も入って、(チームカラーである)真っ赤に染まるとは思わなかった」と述べ、支えてくれた関係者すべてに謝意を示した。
 度重なるけがを乗り越え、J2初ゴールとなった有馬に関しては「試合に出られず悔しいはずなのに、ピッチ外でもチームのために行動できる選手。そういう姿勢が形になってよかった」とたたえた。
 次戦の第42節は12日、アウェーの藤枝総合運動公園サッカー場(静岡県藤枝市)で、12位の藤枝MYFC(静岡)と対戦する。今季最終戦となる。キックオフは午後1時。

PR:全国各地から厳選した「旬の魚」を吟味しすべて「生」からお造りいたしております

カテゴリー

月別アーカイブ

海産物加工品の製造販売 丸市屋

関連記事

PAGE TOP