福島県いわき市のニュースやお悔やみ情報をお届けします

片隅抄

2012.04.27

取材した男性の名刺に「応急仮設住宅連絡員」という肩書に加え、住所末尾に「福島1F10km圏内」の文字が印刷されていた▼福島1Fをあらためて確認してみると、福島第1原子力発電所の意味という。先の大震災による不測の事故で、彼を含むほとんどの住民が住み慣れた双葉郡富岡町から泉玉露の仮設住宅に移り、避難生活を送っている▼建設当初、同住宅付近にはJR泉駅、スーパー、医療施設などが立地することから他の仮設住宅に比べて便利だろうと思っていたことが、実に浅はかであった。土地を離れる無念さに思いを深くしなければならない▼同じ双葉郡双葉町の人たちは南台の仮設住宅にいる。その富岡、双葉両町の有志が5月5日に開かれる「第34回植田町本町通り歩行者天国」にブースを開設する。飲食物の販売と交流カフェが予定されているが、浪江町出身者もB級グルメで有名な「浪江焼きそば」コーナーを出店する。大勢の来場者を期待したい。

PR:いわき市北部地域を中心に、児童養護施設、老人保健施設、特別養護老人ホーム、ケアハウスをはじめ、診療所とデイケア、デイサービス、居宅介護支援、訪問介護、訪問リハビリと多種多様な福祉、医療事業を展開。

カテゴリー

月別アーカイブ

海産物加工品の製造販売 丸市屋

関連記事

PAGE TOP