福島県いわき市のニュースやお悔やみ情報をお届けします

片隅抄

2012.04.30

総合図書館の24年度前期常設展「小学校教科書の歩み」に足を運んだ。明治から戦前までの各科目の教科書の変遷をたどり、あらためて国づくりにおける学校教育の重要性を考えさせられた▼文明開化の色濃い明治初年から、東洋的道徳観の復古へ、そして明治後期以降の国定教科書には「歴史」や「修身」を中心に、国家主義・軍国主義的教育理念が強く打ち出されていた。印象深かったのは「地理」。日清・日露戦争後の大正時代の教科書には、樺太の南半分や台湾も日本の国土とあった▼ならば「国語」はどうか、と思い調べてみて、教科書の役割とその怖さを痛感した。たどったのは、昭和一ケタ生まれから聞いていた、最初に「サイタ サイタ サクラガ サイタ」が出てくる教科書▼これは、軍国色濃くなる昭和8~15年に尋常小学校で使われていたものだ。そして、桜の花咲く喜びを表現した文の後にあるのは「ススメ ススメ ヘイタイ ススメ」だと知った。

PR:いわき市北部地域を中心に、児童養護施設、老人保健施設、特別養護老人ホーム、ケアハウスをはじめ、診療所とデイケア、デイサービス、居宅介護支援、訪問介護、訪問リハビリと多種多様な福祉、医療事業を展開しております。

カテゴリー

月別アーカイブ

海産物加工品の製造販売 丸市屋

関連記事

PAGE TOP