福島県いわき市のニュースやお悔やみ情報をお届けします

片隅抄

2012.10.04

先日、小名浜魚市場に、サンマ約70㌧が初水揚げされた。昨年は10月中旬だったため、約半月早い初水揚げとなった。水揚げしたのは地元江名漁協所属の漁船で、ふるさとのいち早い復興のため、商売度外視でも地元に揚げたかったという▼サンマは、北海道・根室の沖合で漁獲された。サイズは、100~150㌘の中型が中心という。2度の放射性物質検査結果では、検出限界値未満だった。入札後の値は、1㌔当たり209―180円で、ご祝儀相場となった▼初水揚げに先立って、いわき水産振興と江名湯便局による「生さんまゆうパック」の第1便は9月4日に全国各地に出発している。今年は、事前受注の段階で回復傾向にあるという▼サンマが初水揚げされたことで、〝秋の味覚〟の楽しみが増えた。24年産米の放射性物質全量全袋検査も先月から始まった。東京電力福島第一原子力発電所事故発生前の安全安心な「福島・いわきブランド」の復活に期待したい。

PR:いわき市北部地域を中心に、児童養護施設、老人保健施設、特別養護老人ホーム、ケアハウスをはじめ、診療所とデイケア、デイサービス、居宅介護支援、訪問介護、訪問リハビリと多種多様な福祉、医療事業を展開。

カテゴリー

月別アーカイブ

海産物加工品の製造販売 丸市屋

関連記事

PAGE TOP