福島県いわき市のニュースやお悔やみ情報をお届けします

片隅抄

2014.03.01

薬局やスーパー、コンビニのマスク売り場の品ぞろえは実に多彩だ▼定番の平型のほかプリーツ型や立体型もあり、メークの落ちやメガネの曇りにも配置してある。カテキンシート入りなどのように鼻、のどの乾燥対策も怠りない。すき間を作らず、それでいて呼吸は楽なのだ▼それにしても今の時期、外気は3年来の放射性物質だけでなく、中国から流れてくる微小粒子状物質PM2・5で汚されている。子どもたちがマスクを着用し、外で満足に遊べない状況は原発事故直後を思い起こす。間の悪いことに、これからはスギやヒノキの花粉が飛散し、大陸から黄砂も飛んでくる。インフルエンザなどウイルスにも注意しないといけないし、家の中にはハウスダストやたばこの煙がある▼「春」のイメージは最近、どうもほこりっぽい。唱歌「春の小川」のイメージから遠くなったような気がする。ともあれ〝敵〟は姿がよく見えず強大だ。マスクで自衛するしかないのか。

PR:自動貸越サービス機能つき
いわきFC応援口座

カテゴリー

月別アーカイブ

海産物加工品の製造販売 丸市屋

関連記事

PAGE TOP