福島県いわき市のニュースやお悔やみ情報をお届けします

片隅抄

2017.11.08

7日は立冬。辞書にはこの日を境に季節は冬に入るとあり、街中でも厚手のコートを着る人が目立つ▼立冬を過ぎ暖房を使い始めた家庭も少なくないだろう。暖房を使い出したら、気を付けなければいけないのが火災。明日9日から全国一斉に「秋の火災予防運動」(15日まで)がスタートする。冬場は空気が乾燥し、火が出ると一気に燃え広がるだけに、消防では火の取り扱いには細心の注意を呼び掛ける▼今運動の重点目標の一つに、〝放火火災対策〟が挙げられている。日没が早まると不審者が増える傾向にあり、不審者が住宅や空き家などに火を付けてまわるのだ。放火だけに個人の注意だけでは限界がある。地域全体で地域の安全を守るという意識を強く持ち、同時にとにかく家の周りには、燃えるようなものを置かないことが大事になってくる▼年末に向かって何かと慌ただしさを感じる。火の取り扱いをしっかりと行い、落ち着いた生活を心掛けたいものだ。

PR:いわき市北部地域を中心に、児童養護施設、老人保健施設、特別養護老人ホーム、ケアハウスをはじめ、診療所とデイケア、デイサービス、居宅介護支援、訪問介護、訪問リハビリと多種多様な福祉、医療事業を展開。

カテゴリー

月別アーカイブ

海産物加工品の製造販売 丸市屋

関連記事

PAGE TOP