1. HOME
  2. ブログ
  3. 片隅抄
  4. 2019.12.19

2019.12.19

年末を迎え、何かと慌ただしい時期になってきた。今年一年はどんな年だったんだと、思い巡らせる時期でもある▼全国的に見れば、令和という新しい時代の幕開け。ラグビーワールドカップの熱狂など、うれしい話題が並ぶだろう。一方、いわきに目を移してみれば、台風19号の甚大な被害、残念ながら悲しい出来事が頭から離れない▼台風の時期になり、沖縄近辺の台風の勢いをテレビで見ていると、いわきは本当に住みやすいと誰もが思っていたはず。それが今年の猛威を目の当たりにし、尊い命を奪う大災害になってしまった▼温暖化の影響だという専門家がほとんどだ。つまり、今後毎年起きる可能性がある。河川の整備はもちろん必要だが、今後は「減災」に力を入れるべき。何よりも人命最優先。今回は全市に対して避難指示を出したが、それを受け入れる施設はあったのか。避難所をたらい回しにされたという話も聞く。出せば終わりの指示はいらない。

関連記事

海産物加工品の製造販売 丸市屋

検索

カテゴリー