福島県いわき市のニュースやお悔やみ情報をお届けします

片隅抄

2023.10.02

♪とんぼのめがねは水いろめがね 青いおそらをとんだから――で始まる有名な童謡『とんぼのめがね』は、隣の広野町で内科医院を開業していた額賀誠志さん(1900―1964)が作詞した▼同町では♪今は山中 今は浜――でおなじみの唱歌『汽車』もゆかりの曲とされている。一番の歌詞〝闇を通って広野原〟と広野町をかけたわけだ。前者は町内の公園に、後者はJR広野駅構内に歌碑が建てられており、おらが町のご当地ソングをアピールしている▼『とんぼのめがね』はともかく、『汽車』と広野町のつながりを懐疑的にみる向きもあるが、「小野小町の生誕地」を標ぼうする町が全国にいくつか存在するように、要は、わが町こそがと信じて疑わない者の強みなのだ▼10月14日、広野町で「ひろの童謡まつり」が開かれる。全国から童謡の歌詞を募集し、プロが作曲してみんなで歌う。平成6年から始まった、ほのぼのとした雰囲気漂う音楽イベントである。

PR:全国各地から厳選した「旬の魚」を吟味しすべて「生」からお造りいたしております

カテゴリー

月別アーカイブ

海産物加工品の製造販売 丸市屋

関連記事

PAGE TOP