福島県いわき市のニュースやお悔やみ情報をお届けします

ニュース

アクアマリンふくしま 「ゲンゲ」2種を国内初展示 深海の多様性に触れて

 ふくしま海洋科学館「アクアマリンふくしま」に、新たに大小2種類のゲンゲが仲間入りした。体長約10センチながら成魚の「ヤワラゲンゲ」2匹と、体長60センチの「カムチャッカゲンゲ」で、いずれも国内初の展示といい、生きた姿を見られるのは大変貴重とされる。
 ヤワラゲンゲは主にオホーツク海におり、日本では北海道・オホーツク海の水深1千メートル以深に生息する。小型な上に、ゼラチン質で体表が弱いため、同館では漁網に生きてかかったのは奇跡的と説明している。生態も良く分かっておらず、飼育による解明を目指している。
 カムチャッカゲンゲは北西太平洋固有種で、ロシア・カムチャッカ半島、千島列島、北海道~茨城県沖の水深70~1950メートルに分布する。こちらも体表が柔らかいため、深海から引き上げる際に傷付きやすく、死なずに水揚げされることはまれという。ひらひらと泳ぐ姿が目を引き、オキアミ類を主食とするとされるが、詳しい生態は判明していない。
 共に展示場所は、本館2階「親潮アイスボックス」。担当する日比野麻衣・主任技師は「一口にゲンゲと言っても、これだけの違いがある。深海の多様性に触れてもらえれば」と話している。

PR:いわき市北部地域を中心に、児童養護施設、老人保健施設、特別養護老人ホーム、ケアハウスをはじめ、診療所とデイケア、デイサービス、居宅介護支援、訪問介護、訪問リハビリと多種多様な福祉、医療事業を展開しております。

カテゴリー

月別アーカイブ

海産物加工品の製造販売 丸市屋

関連記事

PAGE TOP