福島県いわき市のニュースやお悔やみ情報をお届けします

ニュース

原発処理水の海洋放出向けて 放水口になる構造物を海底に設置

 東京電力福島第一原発の汚染水を浄化した後の処理水を巡り、来春にも行われる海洋放出に向けて、東電は18日、同原発から沖合1キロにある海底トンネルの放水口に、「ケーソン」と呼ばれるコンクリート製の箱型の構造物を設置した。
 ケーソンは長さ12・2メートル、幅9・2メートル、高さ9・6メートルで、水深12メートルの位置に据え付けられた。最終的に、現時点で約600メートルまで掘削が進む海底トンネルと接続され、上部から処理水が海中に放出される。
 海洋放出に当たって、東電は処理水に残る放射性物質トリチウムの濃度について、国の基準の40分の1(1リットル当たり1500ベクレル)未満になるよう、福島第一原発の港湾外から取り込んだ海水で希釈する。
 東電のシミュレーションによると、放水口真上付近のトリチウム濃度は、最大で1リットル当たり30ベクレル程度で、周辺に広がる過程で濃度は速やかに低下し、人の健康や水産物にほとんど影響はないとしている。

PR:自動貸越サービス機能つき
いわきFC応援口座

カテゴリー

月別アーカイブ

海産物加工品の製造販売 丸市屋

関連記事

PAGE TOP