福島県いわき市のニュースやお悔やみ情報をお届けします

ニュース

「ハマヨ」「ハサリ」 小名浜の無線局に3文字電報 洋上から新年あいさつ

 今年も残すところあと数日。年の瀬を控え、小名浜下神白の県無線漁業協同組合・県漁業無線局(鈴木正人局長)は年賀電報を受け付けており、遠洋漁業で年を越す漁師たちから、新年のあいさつが届いている。
 現在運行中の所属船は約200隻で、その多くがマグロ船だ。インド洋や大西洋、ハワイ沖などで1年間漁をし、そのまま年末年始を過ごすのが恒例という。こうした「海の男」たちに長年重宝されているのが、通信士たちがモールス信号で打電する年賀電報のサービス。
 電報は「ハヨマ」は「洋上はるかに、新年のお喜びを申し上げます」、「ハサリ」は「大漁を祝し、新年のお喜びを申し上げます。ご健康とご安航を祈ります」など、3文字の略語を使った25種類のお祝いメッセージでやりとりをする。
 船員と家族がやりとりすることもあれば、航海中の船頭同士がメッセージを送り合うこともしばしば。インターネット環境が改善された現在、件数は減っているものの、今年は約50通が届いており、年内いっぱいは受付中だ。
 新しい年を祝う〝海の電報〟は来年1月1日以降、NTTの電報センターを通じて順次送られる。

PR:全国各地から厳選した「旬の魚」を吟味しすべて「生」からお造りいたしております

カテゴリー

月別アーカイブ

海産物加工品の製造販売 丸市屋

関連記事

PAGE TOP