福島県いわき市のニュースやお悔やみ情報をお届けします

ニュース

目指せ全国大会! 市消防本部が技術競う東北大会へ 女性初の木村さんも

 東北6県と新潟県の消防本部から選抜された救助隊員が一堂に会し、日ごろから鍛え抜いた消防救助技術を競い合う「第51回東北地区支部消防救助技術指導会(水上の部)」が19日、宮城県利府町のグランディ21・総合プールで開かれる。
 市消防本部からは、内郷消防署の佐藤翔太郎消防士長(27)と本木皐文消防士(26)、勿来消防署の熊谷将吾消防副士長(24)、小名浜消防署の鈴木祥之消防士(21)、木村柚月消防士(20)が挑む。木村さんは同本部の女性隊員として、初めて指導会に出場する。
 指導会は水中の行方不明者の捜索を想定し、スノーケリングで障害物に見立てた救命浮輪をくぐりながら、水中のリングを引き上げる「複合検索」をはじめ、水難救助の基本的な泳法〝ぬき手〟と〝平泳ぎ〟でそれぞれ25mを泳ぐ「基本泳法」、水面で溺れている人を救い出す「溺者搬送」、3人一組で、水中の結索環に指定された3種の結び方でロープを結索する「水中結索」の種目に分かれる。
 同本部は2019(令和元)年の全国大会に出場しており、5人は4年ぶりの全国切符を目指している。谷野真消防長は「普段からの訓練が徹底されていると感じた。全国大会(8月25日、北海道札幌市で開催)に行けるよう活躍に期待している」と激励する。溺者搬送に出場し、すでに東北大会突破タイムを更新している木村さんは、「チーム一丸となって全国大会目指して頑張りたい」と意気込んだ。

PR:いわき市北部地域を中心に、児童養護施設、老人保健施設、特別養護老人ホーム、ケアハウスをはじめ、診療所とデイケア、デイサービス、居宅介護支援、訪問介護、訪問リハビリと多種多様な福祉、医療事業を展開しております。

カテゴリー

月別アーカイブ

海産物加工品の製造販売 丸市屋

関連記事

PAGE TOP