福島県いわき市のニュースやお悔やみ情報をお届けします

ニュース

いわき市立美術館 28日から「民藝」テーマの企画展

 市立美術館の企画展「民藝 MINGEI-美は暮らしのなかにある」(同館など主催)が28日から、平の同館で開かれる。「民衆的工藝(民藝)」の考えは約100年前、思想家・柳宗悦(やなぎ・むねよし)が国内各地の民衆による手仕事の品々を調査・収集し、日常生活で用いる品々に美を見出す中で提唱された。
 1936(昭和11)年、柳ほか各界の協力で設立した日本民藝館のコレクションなどから「衣・食・住」をテーマにいまに残る作品約150点を展示する。会期は12月17日まで。
 展示構成は3章に分類され、第1章「1941生活展-柳宗悦によるライフスタイル提案-」は、1941年に東京・目黒の日本民藝館での「生活展」を再現。民藝の品々で室内を装飾したテーブルコーディネートの手法を試みる。
 第2章「暮らしのなかの民藝-美しいデザイン」は、<1>「衣」を装う<2>「食」を彩る<3>「住」を飾ると題し、日本のみならず、朝鮮半島、中国、欧米など各国を訪ねて収集した日常用品を中心に、柳宗悦が見出した民藝美に焦点を当てる。
 第3章「ひろがる民藝-これまでとこれから」は、柳宗悦没後の民藝運動を紹介。1972年に濱田庄司、芦沢銈介、戸村吉之介が刊行した書籍『世界の民芸』でのヨーロッパ、アフリカ、南米など各国の品々ほか、国内5カ所の産地から倉敷ガラス(岡山県)、鳥越竹細工(岩手県)、八尾和紙(富山県)の手仕事を紹介する。
 同じく現在の民藝ブームの先駆者ともいえるテリー・エリス、北村恵子(MOGIフォーク・アートディレクター)の愛蔵品などを展示する。

PR:全国各地から厳選した「旬の魚」を吟味しすべて「生」からお造りいたしております

カテゴリー

月別アーカイブ

海産物加工品の製造販売 丸市屋

関連記事

PAGE TOP