福島県いわき市のニュースやお悔やみ情報をお届けします

ニュース

年末年始の事件・事故防止合わせ いわき東署 常磐もので広報用手拭い製作

 10日から始まった「年末年始の交通事故防止県民総ぐるみ運動」に合わせ、交通・防犯の合同出動式が9日、小名浜潮目交流館で開かれた。
 出動式には、いわき東署と管内の交通・防犯団体の関係者約150人が参加。阿部通・小名浜地区交通安全対策協議会長(市小名浜支所長)が「年末年始を穏やかに過ごせるよう運動を推進していく」とあいさつし、古関隆一署長、田子是人いわき東地区防犯協会連合会長、佐藤一弘同地区交通安全協会長もそれぞれの立場から、交通安全の徹底を呼びかけた。
 併せて会場では、同署が管内の交通3団体、防犯団体と連携し、製作した広報用手拭い「110番もの」が披露された。
 広報用手拭いは、似顔絵捜査官の同署地域課・佐藤由望巡査部長が手がけ、いわき市の水産物ブランド「常磐もの」をモチーフに、110番の適正利用と、警察相談専用電話「#9110」の周知を図っている。
 「110」はサンマ、カツオ、タコで、警察相談ダイヤル「#9110」はアンコウ、アナゴ、イワシ、サバ、イカで表現し、波模様は親潮と黒潮を表している。佐藤巡査部長は「少しでも皆さんが興味を持てば」と期待を寄せている。

PR:いわき市北部地域を中心に、児童養護施設、老人保健施設、特別養護老人ホーム、ケアハウスをはじめ、診療所とデイケア、デイサービス、居宅介護支援、訪問介護、訪問リハビリと多種多様な福祉、医療事業を展開しております。

カテゴリー

月別アーカイブ

海産物加工品の製造販売 丸市屋

関連記事

PAGE TOP