福島県いわき市のニュースやお悔やみ情報をお届けします

ニュース

原発事故巡る避難者の集団訴訟 全国初の和解 地裁いわき支部

 東京電力福島第一原発事故を巡り、双葉郡などの避難者が東電を相手取り、地裁いわき支部に損害賠償を求めた集団訴訟(避難者訴訟第2陣)について、原告弁護団は8日、市役所記者クラブで会見し、和解が行われたことを明らかにした。弁護団によると、原発事故による集団訴訟で、和解が成立するのは全国初という。和解は10月24日付。
 避難者訴訟第2陣は、2013(平成25)~15年にかけて訴えが起こされた。原告は事故当時、双葉郡や南相馬市小高区、田村市都路町で生活しており、避難に対する慰謝料を1人当たり月額50万円、ふるさと喪失に関して同2千万円の慰謝料を請求した。
 和解した原告は28世帯84人。東電側から和解が可能か提案された。国の賠償基準「中間指針第5次追補」と同程度の賠償額が示され、裁判も長期化している点を踏まえ、原告が納得して受け入れた。和解額は非公開。弁護団共同代表の広田次男弁護士は「和解によって、早期解決が前進した。今後も3陣、4陣と続いていくが、原告が納得できる和解が行われることが期待される」と意義を強調した。
 原告のうち、2世帯3人は判決を選択した。地裁いわき支部の三井大有裁判長は既払い分を除いて、東電に対して、避難指示解除準備区域は1人当たり280万円、緊急時避難準備区域は同120万円を支払うよう命じた。
 東電は「引き続き、早期解決を目指して真摯(しんし)に対応していきたい」とコメントしているが、和解に対しては言及を避けた。

PR:全国各地から厳選した「旬の魚」を吟味しすべて「生」からお造りいたしております

カテゴリー

月別アーカイブ

海産物加工品の製造販売 丸市屋

関連記事

PAGE TOP