福島県いわき市のニュースやお悔やみ情報をお届けします

ニュース

能登半島地震 小島町のユアサミズキさん 支援グッズ制作で全額寄付へ

 1日に発生した能登半島地震に対し、いわき市から善意の思いが立ち上がった。小島町のイラストレーター・ユアサミズキさん(46)は3日、支援に向けたグッズの販売を始めた。復興を願う気持ちを込めたデザインを描き、Tシャツやトートバッグとして提供し、収益の全部を被災地に寄付する。
 地震の報道に触れ、「東日本大震災の際に支援を受けた一人として、何かできないかと考え、一晩で描き上げた」とユアサさん。スピード感を重視したと謙そんするが、被災地を大きなハートで包むとともに、日本列島全体を今年のえと・辰に見立てている。
 「まだまだ人命救助が急がれる時だが、震災の時の恩返しができれば。被災地の皆さんには一日も早く心休まってほしい」と話している。購入は<こちら>から。

PR:いわき市北部地域を中心に、児童養護施設、老人保健施設、特別養護老人ホーム、ケアハウスをはじめ、診療所とデイケア、デイサービス、居宅介護支援、訪問介護、訪問リハビリと多種多様な福祉、医療事業を展開しております。

カテゴリー

月別アーカイブ

海産物加工品の製造販売 丸市屋

関連記事

PAGE TOP