福島県いわき市のニュースやお悔やみ情報をお届けします

ニュース

小名浜港で新たな「ガントリークレーン」供用 活発化するコンテナ荷役に対応へ

 小名浜港のコンテナターミナルの機能強化に向け、増設されたコンテナ荷役用の大型クレーン「ガントリークレーン」の供用式が25日、泉町下川の同港大剣ふ頭で行われた。
 既存のクレーンに加えて2基体制となり、従来の外貿定期コンテナ航路をはじめ、2月には京浜港(東京、横浜港)経由でアジアや欧米の主要港間を結ぶ定期航路「国際フィーダー航路」が、4年ぶりに再開したことも踏まえ、活発化するコンテナの荷役に対応していく。
 県では安定したコンテナの荷役に向け、2021(令和3)年度からクレーンの新設とレールの延伸とともに、コンテナを一時的に保管するヤードの舗装改良を進めてきた。
 新設されたガントリークレーン(形式・トロリ式橋形クレーン)は三井E&S(本社・東京都中央区)社製で、既存のクレーンの北側に設置し、全高約82m、総重量は約740トン、最大で約42トンの運搬が可能となった。総工費は約10億円。
 供用式では、佐藤宏隆副知事が「今後もこれまで以上に利用しやすい小名浜港を実現するため、ポートセールスを積極的に展開し、港湾関係者と連携しながらサービスの向上、環境整備に取り組んでいきたい」とあいさつ。下山田松人副市長、森雅子、若松謙維両参院議員、西山尚利県議会議長の祝辞に続き、テープカットとくす玉割りが行われ、国際港・小名浜港のより一層の活発化を願った。
 また、ガントリークレーンで荷物が空のコンテナを運搬する「荷役初め」も実施された。
 (写真:増設されたガントリークレーンによる荷役初め)

PR:全国各地から厳選した「旬の魚」を吟味しすべて「生」からお造りいたしております

カテゴリー

月別アーカイブ

海産物加工品の製造販売 丸市屋

関連記事

PAGE TOP