福島県いわき市のニュースやお悔やみ情報をお届けします

ニュース

「アイくるガールズ」集大成飾るラストライブ いわきから笑顔・元気届けた11年

 いわき市公認アイドル「アイくるガールズ」は24日、平字大工町のクラブソニックいわきで、11年にわたる活動の集大成を飾る「ラストライブ」を開催した。アイくるガールズは2013(平成25)年3月24日、東日本大震災・東京電力福島第一原発事故からの復興を目指し、ご当地アイドルとして、いわき市から全国に笑顔と元気を届けるため結成された。
 当初の目的を一定程度達成できたとし、丸11年を迎えたこの日をもって一連の取り組みを終え、無期限活動休止となった。
 ラストライブには、2代目リーダーのしーたん(25)、めい(22)、あーちゃん(17)の現役メンバー3人が出演。約200人が詰めかけ、30曲ものオリジナル楽曲を繰り広げた。終演後には卒業式を行い、ファンの温かい声援を受けながら、それぞれ活動に終止符を打った。
 本編に続いてOG11人を交え、これまでを振り返る映像が流されたほか、集まったファンとの交流が図られた。最後の現役メンバーとOGによるステージも用意され、いわき花火大会をモチーフにした「恋色スターマイン」に加え、いわきの気候や風土が登場するデビュー曲「ドリームキャッチャー」が披露された。
 しーたんは「まだ終わったという実感がわかないが、たくさんのお客さんがいる景色を見ながら、ライブができたことは本当にありがたかった。11年という歴史のあるグループとして、たくさんの楽曲が作られたので、皆さんの心の中に残ってもらえれば」と名残惜しそうに語った。
 初代リーダーで2018(平成30)年9月まで所属した、りおっちこと須藤理央さん(32)は「自分たちの中では懐かしくもあり、寂しくもある。アイくるガールズによって、いわきの魅力を少しでも伝えられたならばうれしい。これからも元気が出ない時には、ぜひアイくるガールズの楽曲を聞いてほしい」と呼びかけた。
 (写真:ラストライブに臨むアイくるガールズ)

PR:全国各地から厳選した「旬の魚」を吟味しすべて「生」からお造りいたしております

カテゴリー

月別アーカイブ

海産物加工品の製造販売 丸市屋

関連記事

PAGE TOP