福島県いわき市のニュースやお悔やみ情報をお届けします

いわきFC

いわきFCホーム山形戦 特別指定選手・五十嵐 豊富な運動量で攻守に駆ける

 ■J2第6節 いわきFC0―0モンテディオ山形(24日、ハワスタ)
 「自分の強みは、連戦でもタフに走れるところ。ホームの皆さんの前でプレーできて良かった」。新顔のDF五十嵐聖己(21)は落ち着いた面持ちで、本拠地での初の試合を振り返った。
 郡山市出身で尚志高卒の五十嵐。桐蔭横浜大に所属し、15日に来季のいわき加入内定と、今季の特別指定選手登録が発表されると、17日に敵地で行われたロアッソ熊本戦から先発起用。いきなり好守で結果を残すと、続く20日のアウェー・ヴァンフォーレ甲府戦でもフル出場を果たした。
 今節もスタメンに名を連ね、試合を通して豊富な運動量を武器に、最終ラインを守っていたかと思えば、サイドから攻撃を支える献身さを披露。しかし「動きの質がまだまだ低く、もっとこだわっていかないと、この先には行けないと思う」とどん欲な姿勢を見せ、得点に絡む決意を示す。
 チームは「90分間止まらない、倒れないサッカー」を掲げており、五十嵐も追求していきたいと意気込む。もともとフィジカルにはこだわってきたが、いわきで磨きをかけることで、さらなる飛躍を遂げたいという強い意志を持っており、「当てられてもふらつかず、球際では絶対に負けないようにする」と語った。
 またロングスローが得意とも明かす。前半17分に敵陣右のラインから、ゴール前に果敢にボールを放り込み、決定機を演出。惜しくも得点は生まれなかったが、チームにとって新たなオプションになりうる。
 「次の秋田戦は絶対に勝ち点3を取る」。今度はどんなプレーか、五十嵐から目が離せない。
 (写真:ホームでは初の出場となった五十嵐)

PR:いわき市北部地域を中心に、児童養護施設、老人保健施設、特別養護老人ホーム、ケアハウスをはじめ、診療所とデイケア、デイサービス、居宅介護支援、訪問介護、訪問リハビリと多種多様な福祉、医療事業を展開しております。

カテゴリー

月別アーカイブ

海産物加工品の製造販売 丸市屋

関連記事

PAGE TOP