福島県いわき市のニュースやお悔やみ情報をお届けします

ニュース

今年の漁解禁 名物「ウニの貝焼き」初出荷 身入り良く味も上々

 いわき市沿岸のウニ・アワビ漁は1日、今年の解禁日を迎えた。ウニ漁は8月上旬、アワビ漁は9月まで続き、このうち1日にはさっそく名物の「ウニの貝焼き」の初出荷が行われた。
 ウニの貝焼きはいわき地方の郷土料理として知られ、キタムラサキウニの身をホッキガイの貝にぜいたくに盛り付け、小石の上に乗せて蒸し焼きにする。江戸時代の後期に作り始めたいわれがあり、もともとは日持ちしないウニを保存するためだったとされる。
 昨年3月には文化庁から、長年親しまれている食文化に対する「100年フード」に認定された。現在では海外産のウニの貝焼きも多く出回っているが、いわきのものは東日本大震災・東京電力福島第一原発事故を乗り越え、変わらず食卓を彩っている。
 1日は小名浜下神白で78個のキタムラサキウニが水揚げされ、近くの加工施設で採鮑組合の家族たちが貝焼き作りを進めていた。市漁協協同組合(市漁協)によると、今年のキタムラサキウニは例年通りに身入りが良く、味も上々という。
 (写真:きょうから始まったウニの貝焼き作り)

PR:いわき市北部地域を中心に、児童養護施設、老人保健施設、特別養護老人ホーム、ケアハウスをはじめ、診療所とデイケア、デイサービス、居宅介護支援、訪問介護、訪問リハビリと多種多様な福祉、医療事業を展開。

カテゴリー

月別アーカイブ

海産物加工品の製造販売 丸市屋

関連記事

PAGE TOP