福島県いわき市のニュースやお悔やみ情報をお届けします

ニュース

かかしづくりに挑戦 渡辺小の5年生 地元のコメ農家と一緒に

 渡辺小(阿部洋一校長)の5年生14人は10日、稲わらを使った昔ながらのかかしづくりを体験した。
 同小児童は地元のコメ農家など住民による「田んぼの学校応援団」(遠藤佐一団長)とともに毎シーズン、米作りの体験学習に取り組んでいる。今年も5月24日に学校近くの学習田で田植えをし、青々とした稲が育ち始めている。
 児童たちは昨年収穫し、乾燥させた稲わらを使って、かかしづくりに挑戦。事前に描いた完成イメージ図をもとに、木に稲わらをまいて肉付けし、着古した作業着などをかぶせて今にも動き出しそうなかかし3体を完成させた。
 かかしは稲穂が育ち始める7月ごろ、現地に立たせる予定だ。
 (写真:協力して行ったかかしづくり)

PR:いわき市北部地域を中心に、児童養護施設、老人保健施設、特別養護老人ホーム、ケアハウスをはじめ、診療所とデイケア、デイサービス、居宅介護支援、訪問介護、訪問リハビリと多種多様な福祉、医療事業を展開。

カテゴリー

月別アーカイブ

海産物加工品の製造販売 丸市屋

関連記事

PAGE TOP