福島県いわき市のニュースやお悔やみ情報をお届けします

片隅抄

2010.10.02

 先日、ある公民館を取材で訪れたら、広場で子供たちが〝色鬼〟で遊んでいた。鬼ごっこは、抄子らの子供時代には欠かせない遊びだったが、最近お目にかかることがなかっただけに懐かしく感じた▼そんな鬼ごっこが復活の兆しを見せているという。小さい子供たちが遊びを通して体力をつけ、コミュニティーを深めるための鬼ごっこである▼今のようにスポーツ少年団もなければ、ファミコンもなかった時代の子供たちはさまざまな形の鬼ごっこで遊んだものである。専門家の話によれば、鬼ごっこで逃げるという動作には、走りながら小刻みにターンを繰り返す、いわゆるバスケやラグビーのような走りが含まれているという▼そこで転んですり傷を負ったとしても、そこから転ばないよう自分でバランス感覚を養うことにもなる。鬼に捕まえられないようにするにはどうすればいいか、自分なりに考えることも大事だ。子供たちのために、昔の遊び復活には大賛成だ。

PR:いわき市北部地域を中心に、児童養護施設、老人保健施設、特別養護老人ホーム、ケアハウスをはじめ、診療所とデイケア、デイサービス、居宅介護支援、訪問介護、訪問リハビリと多種多様な福祉、医療事業を展開。

カテゴリー

月別アーカイブ

海産物加工品の製造販売 丸市屋

関連記事

PAGE TOP