福島県いわき市のニュースやお悔やみ情報をお届けします

片隅抄

2011.04.18

 3月に出た宮本輝の小説『三十光年の星たち』。「人生を見る尺度は30年」を主題に、その間の誘惑や労苦に立ち向かい生き抜こうと決意した若者が描かれている。この時期に感慨深く読み終えた▼30年という歳月について、今回の震災のすべてが総括されるまでに、そのくらいかかるのではないかと思っている。津波で壊滅した地域が再生・成長していくまで、原発事故により実際にどれほどの被害・影響があったのかが明確になるまで――歴史として検証できるまでには20~30年は必要だろう▼そしてそれを見届けるべきは、今の子供世代である。今春の入学・始業式はどの児童・生徒にとっても忘れえぬ思い出となるだろう。そしてそれは新たな出発点でもある▼20~30年後、この震災を乗り越えた日本はどんな姿になっているのか。その担い手は今の子供たちである。それを心に留め、30年後を見据えながら学校生活を送ってほしい。満開の桜の下で強くそう願う。

PR:いわき市北部地域を中心に、児童養護施設、老人保健施設、特別養護老人ホーム、ケアハウスをはじめ、診療所とデイケア、デイサービス、居宅介護支援、訪問介護、訪問リハビリと多種多様な福祉、医療事業を展開。

カテゴリー

月別アーカイブ

海産物加工品の製造販売 丸市屋

関連記事

PAGE TOP