福島県いわき市のニュースやお悔やみ情報をお届けします

片隅抄

2011.08.26

 秋の味覚サンマが食卓に上り始めた。ここ3日間、刺し身と塩焼きを酒肴の供にしたが脂の乗りもほどよかった。約1年ぶりの海の幸。食が進むのはよいが、酒量が増えてはいけない▼果樹王国と称された福島。モモ、カキ、リンゴなど県産品は高い評価を受けてきたものの、ここに来て原発事故に伴う風評被害が影を落としている。加えて県産肉牛についても汚染問題が持ち上がったが、出荷再開が決まったことは朗報といえよう▼「食」に対する停滞感が漂う昨今、いわき市内での取り組みも進んでいる。スーパー、JAなどが主催する「いわき産農林水産物販促プロモーション」もそのひとつ。今回はトマトに続き、ナシを積極的にPRする▼名称は「いわき梨フェア」。あす27日から28日までの期間、市内のマルト24店とヨークベニマル10店で開かれる。果汁豊富なナシはサンマと並ぶいわきの代表的産品。多くの市民が足を運び、いわきの食を盛り上げたい。

PR:いわき市北部地域を中心に、児童養護施設、老人保健施設、特別養護老人ホーム、ケアハウスをはじめ、診療所とデイケア、デイサービス、居宅介護支援、訪問介護、訪問リハビリと多種多様な福祉、医療事業を展開。

カテゴリー

月別アーカイブ

海産物加工品の製造販売 丸市屋

関連記事

PAGE TOP