福島県いわき市のニュースやお悔やみ情報をお届けします

片隅抄

2020.3.11

今日で東日本大震災から丸9年を迎えた。小学3年生以下は震災を知らず、震災を経験した人たちでさえ日々の生活に追われ、震災の記憶は薄れがち▼ただ肉親を亡くした遺族の方々にはそれはない。9年が過ぎてもあの忌まわしい記憶は鮮明で、遺体が見つからない遺族にとっては、どこかで肉親が生きているのではないかと、いちるの望みを抱き、今も捜索を続ける遺族がいると聞く▼大地震の後に東北沿岸を襲った大津波。多くの人が家を失い家族の安否を求めて町をさまよった日々。停電、断水、食料難。長期にわたっての不自由な避難所生活等。未曽有の大災害はほんの9年前のこと▼政府は今後30年以内に大地震が起こることを予測する。被災地では防潮堤や避難道路などハード面の復興は進む。しかし、自然の猛威の前では、人間の力など無力に等しいことを9年前に学んだはず。災害の被害を拡大させないためにも、震災の記憶を風化させてはならない。

PR:いわき市北部地域を中心に、児童養護施設、老人保健施設、特別養護老人ホーム、ケアハウスをはじめ、診療所とデイケア、デイサービス、居宅介護支援、訪問介護、訪問リハビリと多種多様な福祉、医療事業を展開。

カテゴリー

月別アーカイブ

海産物加工品の製造販売 丸市屋

関連記事

PAGE TOP