1. HOME
  2. ブログ
  3. 片隅抄
  4. 2022.10.07

2022.10.07

 新型コロナウイルス感染症も下火傾向のためか、いわき市内では数々の催しが再開されている。先日も2日間にわたり、平中心市街地で音楽フェスティバルが開かれ、大勢の人が繰り出した▼夏を思わせる陽気で、露店のアルコール類も売れたであろう。成人の昼酒は結構だか、尿意を催した男性の行為はいただけない。こちらの住居は隣が広い駐車場。その境界の溝に向かって軽犯罪におよんだ輩がいた▼確認しただけで同時に2人。うち1人は連れにたしなめられたが我慢できなかったようだ。別の1人は注意すると「ごめんなさい、ごめんなさい」と言うだけで特に悪びれた様子もない▼フェスティバル来場者の行為とはいわない。もし、関連した出店に酒を置くのであれば、関係者はトイレの場所くらいは周知すべきだろう。こちらの感覚では、いまどき昼日中から人通りのある一角で放尿する気が知れない。街のルールに従えないイナカッペには困ったものだ。

関連記事

海産物加工品の製造販売 丸市屋

検索

カテゴリー