福島県いわき市のニュースやお悔やみ情報をお届けします

片隅抄

2023.03.13

きょうからマスク着用が個人の判断に委ねられる。ようやくというべきか、ただ重度の花粉症で、コロナ禍前、毎年のように冬になるとインフルエンザにかかっていた身からすると、外す気になれない▼学生の中には、違った理由で外すのをためらう傾向があるようだ。マスクが日常で、素顔を見せるのに抵抗があるという。恥ずかしさであったり、何をするにせよ顔を隠しているほうが〝楽〟だと▼社会人も一理ある。目は笑っているが実は舌を出すような場面に遭遇したとしても、表情が読まれにくく物事を運びやすい。口臭ケアに悩まなくともよい。化粧が楽との声も聞く。「取らないメリット」のほうが大きいのだ▼とはいえ学生時代の3年間、互いの素顔を知らないのが当たり前となると貴重な思い出が薄れてしまわないか心配だ。「友だちの顔がマスクで遮られてしまったことが何より悔しい」。記者が母校の卒業式で聞いた卒業生のひと言が、心に突き刺さる。

PR:いわき市北部地域を中心に、児童養護施設、老人保健施設、特別養護老人ホーム、ケアハウスをはじめ、診療所とデイケア、デイサービス、居宅介護支援、訪問介護、訪問リハビリと多種多様な福祉、医療事業を展開。

カテゴリー

月別アーカイブ

海産物加工品の製造販売 丸市屋

関連記事

PAGE TOP