福島県いわき市のニュースやお悔やみ情報をお届けします

ニュース

本年度の「いわき市民美術展覧会」開幕 初日は4部門合同のテープカットも

 第52回を迎えた「いわき市民美術展覧会(市美展)」が3日、平の市立美術館で始まった。同展覧会運営委員会、市教委、市文化協会、同館主催。いわき民報社などの後援。
 同展覧会は、市民が制作した作品を公開展示することによる創作意欲の向上、いわき市の美術文化振興などを目的に毎年「書」「絵画・彫塑」「陶芸」「写真」の4部門ごとに公募している市民主体の催し。
 初日の4部門合同テープカットに先立ち、同運営委員長の服部樹理市教育長が「芸術・文化は日々の暮らしにゆとりを与える。ぜひ多くの市民にエネルギッシュな作品を観覧してもらいたい」と述べたあと、高久香扇・書の部会長が4部会を代表してあいさつした。
 「書の部」は12日まで(月曜休館)。入場無料。午前9時半~午後5時(入館は午後4時半まで)。「絵画・彫塑の部」は17~26日、「陶芸」「写真」の各部は3月3~12日。

PR:いわき市北部地域を中心に、児童養護施設、老人保健施設、特別養護老人ホーム、ケアハウスをはじめ、診療所とデイケア、デイサービス、居宅介護支援、訪問介護、訪問リハビリと多種多様な福祉、医療事業を展開しております。

カテゴリー

月別アーカイブ

海産物加工品の製造販売 丸市屋

関連記事

PAGE TOP