福島県いわき市のニュースやお悔やみ情報をお届けします

ニュース

春の高校野球県大会組み合わせ 支部優勝の平工は会津工―相馬の勝者と

 第75回春季東北地区高校野球県大会が13日、会津若松市のあいづ球場をメイン会場に開幕するのに先立ち、県内各支部の予選を勝ち抜いた出場21校の対戦カードが決まった。
 いわき勢は、支部優勝校の平工業が大会2日目の2回戦で、会津工業と相馬の勝者と対戦する。3大会ぶりの県制覇を狙う準優勝校の東日大昌平は、同じく2日目の2回戦で福島商業と光南の勝者との初戦に臨む。
 敗者復活戦を制し、遠野との統合後、初の県大会出場となるいわき湯本も2日目の2回戦で、昨秋の県大会準優勝校の学法石川と対戦する。
 今大会はあいづ球場をメインに、白河市の白河グリーンスタジアム、南相馬市のみちのく鹿島球場で、5日間にわたりトーナメントで優勝を争う。前期の13、14日は1、2回戦13試合。8強が出そろう後半戦初日の17日は、白河グリーンスタジアムとあいづ球場で準々決勝4試合を実施する。
 18、19日の予備日と移動日を挟み、20日に準決勝2試合、最終日の21日に決勝と3位決定戦が行われる。いずれもあいづ球場で、決勝は正午に試合開始予定。上位2校は、6月に岩手県で開催される東北大会に出場する。
 また支部予選と同様、スタンドでの声出し応援やブラスバンドの演奏を認め、観客数の上限は設けない。

PR:いわき市北部地域を中心に、児童養護施設、老人保健施設、特別養護老人ホーム、ケアハウスをはじめ、診療所とデイケア、デイサービス、居宅介護支援、訪問介護、訪問リハビリと多種多様な福祉、医療事業を展開しております。

カテゴリー

月別アーカイブ

海産物加工品の製造販売 丸市屋

関連記事

PAGE TOP