福島県いわき市のニュースやお悔やみ情報をお届けします

ニュース

国体開催記念いわき支部高校野球 東日大昌平が優勝 決勝で磐城下す

 第28回国体開催記念いわき支部高校野球大会(県高野連いわき支部主催)が13~17日、ヨークいわきスタジアムと平球場で行われ、東日大昌平が優勝した。
 大会には10校が参加し、トーナメント戦を繰り広げた。この結果、昨年優勝の磐城と準優勝の東日大昌平が、2年連続で決勝での対戦となった。両校は9月の秋季高校野球県大会でも準々決勝で顔を合わせており、このときは6―3で東日大昌平が勝っている。
 決勝は、初回に東日大昌平が中前安打で出塁した武山幸平(1年)を死球と犠打で三塁に進めると、山口和志(2年)の内野安打で先制。二回にも敵失と星拓海(同)の左前安打でつかんだ好機に、井上陽翔(1年)と主将・栗橋海斗(2年)の適時打で3点を追加。四回にも武山の右翼線二塁打などでさらに点差を広げた。守っても1年生投手・伊奈蓮樹が被安打5の1四球で1失点、97球で完投した。
 磐城はエース今泉岳陽(2年)が三回1死までに、10安打を浴びて6失点の不調。打線も四回に高橋由伸(同)の二塁打などで1点を返したが、五回以降は伊奈の好投の前に二塁へ進めなかった。四回途中から今泉を救援した1年生投手・山野辺拓睦が1安打無失点に抑える好投を見せた。

PR:いわき市北部地域を中心に、児童養護施設、老人保健施設、特別養護老人ホーム、ケアハウスをはじめ、診療所とデイケア、デイサービス、居宅介護支援、訪問介護、訪問リハビリと多種多様な福祉、医療事業を展開しております。

カテゴリー

月別アーカイブ

海産物加工品の製造販売 丸市屋

関連記事

PAGE TOP