福島県いわき市のニュースやお悔やみ情報をお届けします

ニュース

ハワイアンズ運営の常磐興産 新社長に関根一志氏内定 西沢氏は会長に

 スパリゾートハワイアンズなどを運営する常磐興産(本社・常磐藤原町)は10日、取締役会を開き、西沢順一代表取締役社長(67)が代表取締役会長、関根一志常務取締役スパリゾートハワイアンズ統括管掌兼CS企画部・エンターテイメント部担当(61)を代表取締役社長に就くなどの役員人事を内定した。
 6月27日にホテルハワイアンズ「ラピータ」で開催予定の第106回定時株主総会、取締役会で正式決定する。今回の異動は、常磐興産・同グループを取り巻く環境変化に対応し、機動的で迅速、適切な経営判断と推進を行うためとしている。
 関根氏は1963(昭和38)年、いわき市出身。磐城高、千葉商科大商経学部卒。1990(平成2)年、同社入社。観光事業本部営業部長、執行役員総合企画部長、上席執行役員営業統括第一部・同第二部担当などを経て、2023(令和5年)から現職。ハワイアンズの営業担当を主に務め、生え抜きとしては斎藤一彦氏以来、11年ぶりの社長就任になる。
 代表取締役会長に回る西沢氏は1956年、東京都出身。東京大法学部卒。80年、富士銀行(現みずほ銀行)に入行。米国シカゴ駐在を経て、2011年6月にみずほフィナンシャルグループ取締役副社長に就き、みずほ情報総研代表取締役社長を歴任。19年、常磐興産取締役副社長、20年から現職。
 (写真:関根一志氏=左=と西沢順一氏)

PR:自動貸越サービス機能つき
いわきFC応援口座

カテゴリー

月別アーカイブ

海産物加工品の製造販売 丸市屋

関連記事

PAGE TOP