福島県いわき市のニュースやお悔やみ情報をお届けします

いわきFC

いわきFC あす熊本戦 練習拠点にチームカラーの野鳥現れる?!

 サッカー・いわきFCは3日、明治安田生命J2リーグの第19節として、ホームのいわきグリーンフィールドに、14位のロアッソ熊本(熊本)を迎える。前節のアウェー・東京ヴェルディ(東京)戦では、リーグ最少失点を誇る堅守を崩せなかったが、いわきも安定した守備で波状攻撃を次々と潰し、今季勢いのある上位相手にスコアレスドロー。価値ある勝ち点1を奪った。
 熊本の攻撃陣をけん引するのは、広い視野からの的確なパスや、巧みな足技が光るMF平川伶(23)と、昨季J3で3位タイの15得点を挙げ、今季も17試合出場で得点ランク2位の9得点を決めているFW石川大地(26)。
 パスサッカーを標ぼうするだけに、1試合平均のパス数はリーグトップを誇り、裏のスペースを狙って崩しにかかる長短のパスに気をつけたいところ。いわきは前節、幾度も好機を作るも決めきることができなかったが、DFの家泉怜依(23)や河村匠(22)、江川慶城(23)の体を張った守備が光った。
 再び降格圏に落ちたが、3戦負けなしとチーム状況も改善の兆しが見えており、ホーム戦できっちりと白星をつかみたい。キックオフは午後1時。
 そうした中、商業施設併設型クラブハウス「いわきFCパーク」(常磐上湯長谷町)の建物上空に、〝レッド&ブルー〟の羽色をしたイソヒヨドリが現れ、美しいさえずりを響かせて愛鳥家を魅了している。
 イソヒヨドリはヒタキ科で、美声に定評がある。名前の通り、本来の生息域は海。海辺の崖などに生息するが、近年は内陸部への進出が目立つ。日本野鳥の会いわき支部の立花博さんによると、「いわきでも海から市街地と幅広い地域で生息し、海辺の野鳥という印象はなくなってきた」という。
 瑠璃色の体に赤褐色のお腹。美しいいわきFCカラーをした個体は雄。時折、餌をくわえた姿も見られており、季節がら、子育て中であることも考えられる。野鳥ファミリーが、奮闘中のチームに美しい応援歌を奏でている。

PR:いわき市北部地域を中心に、児童養護施設、老人保健施設、特別養護老人ホーム、ケアハウスをはじめ、診療所とデイケア、デイサービス、居宅介護支援、訪問介護、訪問リハビリと多種多様な福祉、医療事業を展開しております。

カテゴリー

月別アーカイブ

海産物加工品の製造販売 丸市屋

関連記事

PAGE TOP