1. HOME
  2. ブログ
  3. 片隅抄
  4. 2017.12.16

2017.12.16

報道部の中でもスポーツ担当記者ならではの〝役得〟というのがある。全国大会に出場するチームの取材のための出張である▼抄子の場合は春夏の甲子園、大学野球の東京ドームと神宮球場、高校ラグビーの花園、全国高校柔道選手権の日本武道館など。地元国体開催という僥倖に恵まれ冬・夏・秋すべてに関われた▼いわきのチーム・選手が出場するすべての全国大会を取材…というわけにはいかないが、後輩記者の中には春高バレーや全国高校サッカー選手権、全日本学童軟式野球大会に出掛けたのもいる。県の予選を勝ち抜いた若い選手たちのお陰で全国レベルに接することができた▼今季もいわきの選手たちは健闘し、中には全国大会に出場したケースもあったが、わが1年生スポーツ記者は1度も随行できずに終わった。部員減少は相変わらず深刻で、有力選手が私学や県外に進む傾向も変わりない。選手や指導者、家族の努力が報われますように……そう願う。

関連記事

海産物加工品の製造販売 丸市屋

検索

カテゴリー